Techcrunch Japan Logo

Sponsored Contents

techcrunchの最新記事

Image credit:

【9/30〆切】TC Tokyo 2017、スタートアップバトルに応募する最後のチャンス:PR

TechCrunch Japan Staff
2017年9月30日, 午前11:00 in Techcrunch
71 シェア
2
33
0
36

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View
iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

スマホ版『どうぶつの森 ポケットキャンプ』は11月22日配信開始。基本無料の時短アイテム課金🍃

View
遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

遂に来た大本命「Amazon Echo」をじっくりレビュー。豊富なスキルが強みだが意外な弱点も見えてきた

View

(これはTechCrunchに掲載されたイベント告知記事の転載です)

TechCrunch Japanは11月16日・17日に渋谷ヒカリエで「TechCrunch Tokyo 2017」を開催する。TechCrunch Tokyo 2017の目玉企画、スタートアップによるピッチコンテスト「スタートアップバトル」の本登録の締め切りがいよいよ本日の深夜に迫ってきたので、最後のお知らせをしたい。

例年100社以上からご応募いただき、その内書類選考を通過した20社がTechCrunch Tokyo 2017の壇上でプロダクトのピッチを行う。11月16日にファーストラウンドを実施し、そこから勝ち上がった6社が11月17日午後に開催するファイナルラウンドに進出する。優勝チームには賞金100万円を贈呈するほか、スポンサー賞も多数ある。

書類選考に通過した20社はTechCrunch Tokyo 2017でブースを出展する権利もある。応募するのに費用は一切かからない。

今日が、TechCrunch Tokyo 2017のスタートアップバトルに応募する最後のチャンスだ。奮って、応募してほしい。

応募資格

応募資格は下記の2点。
・未ローンチまたは2016年10月以降にローンチしたデモが可能なプロダクトを持つスタートアップ企業であること。
・創業年数3年未満(2014年10月以降に創業)で上場企業の子会社でないこと。

審査基準と書類審査員

審査基準は以下の3点だ。

・プロダクトの市場性
・ビジネスの成長性
・ビジョンを実現するためのチーム

この基準をもとに、以下の8人の審査員が書類選考を行う。

・有安伸宏氏(Tokyo Founders Fund 起業家・エンジェル投資家)
・今野穣氏(グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー、Chief Operating Officer)
・澤山陽平氏(500 Startups Japan マネージングパートナー)
・西田隆一氏(B Dash Ventures シニア・インベストメント・マネージャー)
・田島聡一氏(ジェネシア・ベンチャーズ ジェネラル・パートナー)
・和田圭祐氏(インキュベイトファンド 代表パートナー)
・西村賢(TechCrunch Japan 編集長)
・岩本有平(TechCrunch Japan 副編集長)

選考を通過した応募企業には、イベント運営事務局から10月13日までに審査結果を通知する。

応募締め切りは9月30日土曜日23時59分までだ。時間に余裕を持って入力してほしい。みなさんの応募を心待ちにしている。


関連キーワード: techcrunch
71 シェア
2
33
0
36

Sponsored Contents