Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:

Google発表まとめ。新スマホPixel 2、40か国語翻訳イヤホン、AIカメラマンなど新機軸製品多数

「AI」を全面に押し出した新ガジェット群

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年10月5日, 午前10:20 in Ai
392 シェア
125
179
0
88

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ソニーの完全無線イヤホン WF-1000Xレビュー。「昔のSONY」なドンシャリ薄く、ジャンル問わず心地良い
31

ソニーの完全無線イヤホン WF-1000Xレビュー。「昔のSONY」なドンシャリ薄く、ジャンル問わず心地良い

View

Googleが日本時間10月5日未明に開催した"made by google"イベント。そこでは「AI」をキーワードに、さまざまな新機軸の製品がお披露目されました。

発表されたのは、AIを活用して単眼カメラでポートレートモード(背景がボケた人物写真)を実現する新スマホ「Pixel 2 / XL」、2in1ノートの「Pixelbook」、自動で決定的瞬間のシャッターを切ってくれるAIカメラマン内蔵カメラ「Google Clips」、40か国語同時リアルタイム翻訳の無線イヤホン「Google Pixel Buds」など。

注目のGoogle Homeに関しては、日本での展開が発表されたほか、AIスピーカーの新製品も登場しました。発表内容を下記にまとめたので、ぜひご覧ください。

Google Pixel 2、Pixel 2 XL発表。単一カメラでポートレートモード実現

グーグルがかねてから噂の出ていた新端末「Pixel 2」「Pixel 2 XL」を発表しました。



他社端末ではデュアルカメラや深度センサーを利用することで、背景をぼかすポートレートモードを実現していますが、Pixel 2では機械学習を使い、単一のカメラで実現。これはリア、フロントのどちらも対応しているとのこと。(つづき

Google Pixelbook 発表、ペン対応の高級Chromebook / タブレット

Google が2 in 1 ノート / タブレット Pixelbook を発表しました。スマートフォンではないPixelファミリーの新製品 Pixelbook は、キーボードをぐるっと反対側に畳んでタブレットとして使える Chrome OS ノート。



コンセプトはノートPC、タブレット、スマートフォンそれぞれの利点を取り入れること。プロダクティビティ用途に向いた高性能なノートでありつつ、さまざまな使い方ができるペン対応タブレットでもあり、スマホで使い慣れたAndroidアプリがそのまま大画面で動きます。(つづき

新発想カメラGoogle Clips発表。自動で決定的瞬間を残すAIカメラマン

『Google Clips』は、同社が「新タイプのカメラ」と称する、アクションカムほどのサイズのカメラです。米国での価格は249ドル。発売時期は「Coming soon」とのこと。



基本的な動作としては、電源をオンにして撮影したい場所に向けておくと、Clipsが自動的に被写体や動きを認識。良い動きや表情のシーン、そして決定的瞬間などを判別して静止画やショート動画を内蔵ストレージに記録する、というもの。(つづき

速報:Google Pixel Buds発表。40か国語リアルタイム翻訳対応の左右分離じゃないワイヤレスイヤホン

Googleがうわさにあがっていたイヤホン製品Pixel Budsを発表しました。その形状は、やはり予想(希望的観測)されていた完全ワイヤレスではなく、左右ユニットがケーブルでつながっているタイプのBluetoothイヤホンでした。



大きな特徴は、日本語を含む40か国語に対応するリアルタイム翻訳機能「Google Translate on Pixel」。異なる言語を話す相手の声を、リアルタイムで翻訳することができます。(つづき

Google Home Mini発表、49ドルでGoogleアシスタントが使える普及型スマートスピーカー

Googleがウワサの小型版スマートスピーカー『Google Home Mini』を発表しました。直径98×高さ42mmのミニサイズ本体に、40mmのスピーカーユニットと音声認識用マイクを搭載。スピーカーとしては360度に音を広げる、無指向性タイプの製品となっています。



49ドルからという手頃な価格と、上位機種のようにファブリック感にこだわったデザイン、そしてなんといってもGoogleブランドの力で、小型スマートスピーカーの中でも定番的モデルとなる資格は十二分にありそうです。(つづき

Google Home Max発表。AI空間認識で自動チューニングする大出力スマートスピーカー

Googleがスマートスピーカーの新製品、Google Home Maxを発表しました。従来のGoogle Home製品とは異なり、より音質に焦点を当てたモデルです。



Google Home Maxの特徴は4.5インチの広帯域スピーカーをステレオ構成として、さらに2つのツイーターを備えます。Googleは従来のGoogle Homeの20倍(!)強力だとしています。(つづき

Google Homeは国内で今週発売、新製品ミニも同時。アシスタントが喋るスマートスピーカー

Google がスマートスピーカーGoogle Home の国内発売を正式に発表しました。


新製品の小型版 Google Home Mini とともに、国内では今週から発売予定。すでに日本語の製品ページもあります。(つづき

GoogleのスマホVRゴーグル DayDream Viewに新モデル、視野角が拡大。日本でも販売予定

新スマートフォン Pixel 2 / Pixel 2 XL にあわせて、Google がスマホ装着型VRゴーグル Daydream View を新モデルにアップデートしました。


ファブリック素材を使った外装からは従来モデルとあまり変わっていないようにみえますが、新設計のフレネルレンズで視野角が約10度広くなったほか、装着方法の改良など全般に進歩しています。(つづき



関連キーワード: ai, goohgle
392 シェア
125
179
0
88

Sponsored Contents