Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

【訂正】JBL初の完全ワイヤレス「JBL Free」11月国内発売。直販1万4880円、IPX5防水、片側のみ使用に対応

バッテリーは単体4時間、ケース充電で合計24時間聴けます

Munenori Taniguchi
2017年10月4日, 午後04:00 in AV
274シェア
117
77
0
80

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

Galaxy Noteファン待望、鉛筆型Sペンの日本発売は12月20日から。STAEDTLERと共同企画

Galaxy Noteファン待望、鉛筆型Sペンの日本発売は12月20日から。STAEDTLERと共同企画

PR TIMES, 6 時間前
View
ハーマンインターナショナルが、JBLブランド初の完全ワイヤレスイヤホン「JBL Free」を11月に発売します。価格はオープンですが、直販サイトでは税抜き1万4880円です。

JBL Freeの特徴は、ケースから片方(右)だけ取り出して使う場合に自動的にモノラルモードになるところ。もう片方を取り出して装着すれば、ステレオモードで音楽を楽しめます。たとえば、音楽は聴かないけれども電話をかける用事がある場合など、片耳だけ装着しておけば片耳タイプのヘッドセットとして利用できます。また左イヤーピースだけ電源をオフにした場合も右耳だけで利用できます。なお、マイクは右側イヤーピースに搭載されるため、左側だけでの通話などはできません。

また心拍計は内蔵しないものの、水や汗に強いIPX5の防水機能を備えるため、雨天やランニングなどでも安心して使えそうです。

そのほか音声AIアシスタントのGoogle AssistantやSiriに対応しており、右側イヤーピースのボタン(JBLロゴ部分)を2度押しすることで起動可能です。


Gallery: JBL Free | 11 Photos

11


Bluetooth 4.2 /A2DP v1.3 /AVRCP v1.6 /HFP v1.6 /HSP v1.2に対応。5.8mm径のダイナミック型ユニットで「JBLならではの良質なサウンド」とのこと。再生周波数特性は10Hz~22kHz。イヤホンの重さは約15g。

イヤホン内蔵のバッテリーは最長4時間の連続再生が可能。充電機能つきケースを使えば最大20時間分の電力を供給できるので、電源コンセントがなくとも最長24時間の音楽再生が可能です。

付属品は、イヤーチップがS/M/Lの3サイズ、MおよびLサイズ用のソフトカバー、充電ケース、充電用ケーブル。カラーはブラックおよびホワイトの2色をラインナップします。

訂正:初出時、価格表示を税抜き1万4800円としていましたが、正しくは税抜き1万4880円です。お詫びして訂正いたします。

Source: JBL
274シェア
117
77
0
80

Sponsored Contents