Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:

auからAQUOS sense SHV40発表。手ごろ価格ながら基本性能充実のシャープ製スマホ

シンプルさを追求した本体デザインも魅力

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年10月11日, 午前10:02 in au
159 シェア
15
98
0
46

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



auがシャープ製スマートフォン『AQUOS sense SHV40』を発表しました。「お求めやすい価格であるにも関わらず、スマートフォンを便利に安⼼にご利⽤いただくための充実の機能を搭載」とアピールする、廉価タイプのモデル。

しかし、5インチのディスプレイはフルHD解像度、RAMは3GBでストレージは32GB、指紋センサー搭載、SoCはクアルコムのMSM8937(Snapdragon 430)など、基本仕様は従来の大手キャリア版廉価機の水準から引き上げられています。
本体カラーは「オパールグリーン」「シルキーホワイト」「ミスティピンク」「ベルベットブラック」の4色で、発売日は11月上旬。



シャープ製スマートフォンといえば、の液晶パネルは、IGZOタイプ(素材)を採用。冒頭でも紹介したようにフルHD解像度対応に加え、上位機種AQUOS Rでも採用された色調整機構「リッチカラーテクノロージーモバイル」に対応し、上位モデル並みの色表現を実現します。

さらにユーザーが撮影した動画や各種動画サイトをHDRに近い明暗表現で楽しめる「バーチャルHDR」機能も搭載します。



また、防水性能は「IPX8」相当。これは水深1.5mのところに沈め、約30分間放置しても品質に問題がないことを示すレベルです。防塵性能も強力な「IP6X」に対応。お⾵呂などでも高温多湿な環境でも安⼼して操作が可能とアピールします。

指紋センサーは上位機AQUOS Rと同じく、前面下部に搭載するタイプ。ホームキーとしての機能も備えます。



また、「端末購入後の初期設定ステップ数を10から3に減少し、購入後すぐに使える」点や、「シャープ独自のチューニング技術により、多くのアプリをインストールしてもサクサクした操作感が失われない」といった点もアピールします。

本体サイズは、縦長状態で約72×144×8.6mm(幅×高さ×厚さ)、重量は約148g。バッテリー容量も2700mAhをキープします。端子はUSB-C。
メインカメラの画素数は約1310万、サブ(フロント)カメラは約500万。



シャープの廉価版Android機は、ワイモバイルから発売しているAndroid Oneシリーズをはじめ、目立たないながらも比較的好調、かつユーザーからの評価も高いモデルが多い市場。そうした流れに連なる本機は、実勢価格次第では十二分にダークホース的な注目機となれそうな存在です。


159 シェア
15
98
0
46

Sponsored Contents