Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:

ソニー「ウォークマンNW-S310」レビュー。ツボ抑えた良バランスのエントリーモデル

エントリー機ながら必要十分

Hirotaka Totsu
2017年10月18日, 午後09:00 in AV
123 シェア
21
42
0
60

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View


SONYが音楽プレイヤー「ウォークマン」シリーズのエントリーモデル「NW-S310」シリーズを発売しました。5色のカラーラインナップと4GBと16GBの2種類の容量バリエーション。そして、スピーカー付属モデルなど豊富なバリエーションを揃えています。この記事ではその使用感をレビューします。

Gallery: NW-S315K | 50 Photos



エントリーモデルながら、デジタルノイズキャンセリング機能を搭載。付属のイヤホンおよびノイズキャンセリング機能搭載ウォークマン専用ヘッドホン(MDR-NWNC33)を使用時に有効となります。



その他、一般的な有線/無線(Bluetooth)イヤホン、ヘッドホンも使用可能です。付属イヤホンには、コネクターカバーが付属しており、イヤホン使用時(同期や充電をしない時)のコネクター保護があわせて行えるようになっています。



従来機からあるFMラジオ機能も引き続き搭載。iPod nanoなどFMラジオ機能搭載のプレイヤーが廃盤となってゆくなか、ラインナップとして継続しているのは嬉しいところです。スマホアプリなどでラジオ番組を聴く機能はあるものの、災害時などでバッテリーの消費を抑えつつも情報収集したいという場合には、ラジオ機能がハード的に搭載されているモデルは心強いと思います。



一方で、Apple LosslessやSONYが伝統的に採用していたATRACなどのコーデックが非サポートとなるなど、省かれた機能もみられます。語学学習機能は継続されるなど、若年者層向けにターゲットを絞ったように感じました。



Macで音楽ファイルを同期するには2種類の方法があります。ひとつは、ストレージとしてマウントされたウォークマンの音楽領域に直接楽曲ファイルをコピーする方法。取り扱う楽曲が少ない場合やiTunesなどのライブラリ構造のままコピーする場合などに便利な方法と言えます。



もう一つの方法は、専用アプリ「ContentTransfer」を使用する方法です。ファイルおよびフォルダをドラッグ&ドロップで楽曲ファイルを転送できるので、よりビギナーに優しい方法といえるでしょう。



スピーカーは、充電台として、自室でBGM再生の用途で流すには十分な機能を持っています。イヤホンでのリスニングも含めて、ハイクオリティの音質で、大迫力のサウンドを楽しむというようなオーディオマニア、ヘビーユーザには物足りないかもしれませんが、気軽に音楽を楽しみたい層には必要十分なバランスの良いパッケージだと思いました。
 

関連キーワード: AV, bluetooth, mp3, music, NW-S310, sony, walkman
123 シェア
21
42
0
60

Sponsored Contents