Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:

ホーキング博士1966年の博士論文が公開。「人々が星空を見上げ、我々の居場所について考える機会に」

ケンブリッジ大学が実施

Munenori Taniguchi
2017年10月24日, 午前06:30 in Space
306 シェア
104
123
0
79

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View
 
英ケンブリッジ大学が、理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士の博士論文をオンラインで公開しました。学術的な成果物を公開し、話題とするイベントOpen Access Weekに合わせた取り組みで、もちろん本人の許可を得てのことです。

オンラインで公開されたのはスティーブン・ホーキング博士が1966年に書いた博士論文。ホーキング博士は公開にあたり「世界中の人々が星を見上げ、宇宙の中の自分たちの居場所を知るきっかけになることを願う」としています。

とはいえ、それは私たち一般人には難しい学術論文です。小説を読むようにおいそれと楽しめるものでもありません。超絶大雑把に説明すれば、それまでの重力理論の"壁"を超えるために宇宙の拡張を使用し、初期の小さな摂動の成長からは銀河が形成されないと主張する内容とのこと。

この論文はとても閲覧申請が多く、これまでに数百もの要求があったとされます。

ケンブリッジ大学では卒業生が論文のデジタルコピーを大学に提供するよう求めており、またそれを一般公開することを奨励しています。大学はホーキング博士が自身の論文を公開したことで、ノーベル賞クラスの研究者たちや大学の卒業生たちが、これに倣うことを望んでおり、希望があれば同じように博士論文のオープンアクセス化を実施するとしています。

306 シェア
104
123
0
79

Sponsored Contents