Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

アマゾン、配達員が自宅ドアを解錠する「Amazon Key」発表。留守中でも荷物が届く

スマートロック+クラウドカメラがセットで250ドル(約2万5000円)

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年10月26日, 午後04:00 in amazon
1290シェア
697
427
0
166

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

View
マリオそっくりのカーリング選手が大人気。五輪チームの公式Twitterも悪ノリ

マリオそっくりのカーリング選手が大人気。五輪チームの公式Twitterも悪ノリ

HUFFPOST, 2月9日
View

Amazonは、不在時でも家の中に荷物を届けてくれる「Amazon Key」を発表しました。プライム会員限定で、米国の一部地域にて11月8日より利用できます。

Amazon Keyは、家にいないときでも、配達員が玄関ドアを解錠して家の中に荷物を届けるサービスです。利用には、対応するスマートキーとクラウドカメラが必要。これらがセットになった「Amazon Key Home Kit」は250ドル(約2万5000円)で、一旦購入してしまえば、あとは追加料金なしで利用できます。

配達の流れはこうです。家の前に到着した配達員は、荷物のバーコードをスキャンします。すると、インターネットに繋がっている玄関の鍵(スマートロック)が解錠され、室内のクラウドカメラの録画が始まります。配達員はカメラに監視されながらドアを開け、荷物を置き、家から去るという仕組み。利用者はその様子をリアルタイムや録画で視聴できます。

なお、Amazon Keyは配達以外のサービスでも利用可能。自宅清掃サービスのMerry Maidsや、ペットシッターサービスのRover.comなどを含む「Amazon Home Services」に、今後数か月以内に対応予定としています。

Source: Amazon Key
関連キーワード: amazon, camera, cloudcamera, iot, smartcamera, smartlock
1290シェア
697
427
0
166

Sponsored Contents