Sponsored Contents

robotsの最新記事

Image credit:

新型aiboをソニーが発表。自ら好奇心を持った、生活のパートナーとなる犬型ロボット

発売は2018年1月11日、価格は19万8000円

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年11月1日, 午前11:19 in robots
4148 シェア
2458
1500
0
190

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事


2017年11月1日、ソニーが新製品発表会を開催。噂通り、新型のaibo(シリーズ名や発音も、前と同じ『あいぼ』です)を発表しました。形状も、前シリーズを継承した犬型です(ただし「犬型」と明言するのは今回が初めてとのこと)。
モデル名は『ERS-1000』。プレフィックスのERSも、前シリーズを継承。本体カラーはソニー流の洒落か『アイボリーホワイト』。

発売日2018年1月11日、価格は19万8000円(税別)。ただし使用には別途「aiboベーシックプラン」への加入が必要。こちらは3年契約で、一括では9万円、分割では1月あたり2980円となります。
先行予約は専用サイトより、本日(11月1日)午後11時1分から開始されます。

もちろん、中身は昨今のスマートデバイスとして大きく進化。眼は有機ELディスプレイとなり、可動は22軸。腰を振る、顔を震わせる動きも可能とアピールします。そしてLTEモデムを標準で搭載。心臓部となるSoCはクアルコムのSnapdragon 820を採用します。

Gallery: ソニー 新aibo ERS-1000 | 17 Photos



発表会には同社CEOの平井一夫氏が登壇。新aiboを抱きかかえる演出なども行なわれました。



いわゆるペットロボットとして位置づけられるAIBOシリーズを継承するだけあり、ソニー側のアピールする特徴は「親近感のあるルックス、視線を惹きつける瞳など愛らしい姿や、躍動感のある多彩な動きと小気味良い反応」。技術的な観点よりも、従来のシリーズと比較しても進歩した、外観や動きのかわいらしさを前面に打ち出しています。

ソニーの新aiboちゃん、撫でられるのが好きなので、思いっきり喜びます。 #sony #aibo

Engadget 日本版 Videoさん(@egjpv)がシェアした投稿 -



実際にその動きは、スムーズかつ妙に、と表現したくなるまでにリアリティのこもった印象。
以前のAIBOは犬型と銘打っていなかったこともあってか、ある程度以上は犬に近づけるモーションをあえて避けていた感もありました。
対して今回の子は、犬っぽい動きの再現にかなりの力が注がれていると感じます。


そうしたかわいさを演出する一助が、眼の表情を作る有機ELディスプレイ。これにより目の開閉やまばたき、視線を合わせるといった動きを可能としています。



また動きの点では、体の各所に配置された22個のアクチュエーターによる、幅広い可動域がポイント。このアクチュエーターはソニー自社開発によるもので、汎用部品に比べて小型化されているといいます。



これらにより、以前のAIBOではできなかった柔軟な稼働が可能に。昨今のプラモデルもかくやと思うほどの様々な動きとスムーズさは、確かに「今の技術で作られたロボット」を感じさせてくれます。



そして現在の技術を感じさせるもう一つの特徴が、多数搭載されたセンサー類。前方に搭載された画像認識用カメラを筆頭に、人感センサーやジャイロ、加速度センサーなどを体の各所に配置。
しっぽの付け根付近には、周囲の人や物体の状態を感知する魚眼カメラにより、部屋内の地図作成(SLAM:ロボット掃除機などで使われる技術です)までも行ないます。

また「犬型」を明確に謳ったためか、接地を認識するスイッチも肉球になっているのがポイントです。



これらのセンシング技術も相まって、設定された性格は「オーナーに能動的に働きかけ、オーナーが喜んでくれることを健気に学んでいく」というもの。積極的に動くためには、障害物を避け、周りの人を検知する各種センサーが必要というわけです。

またソニー側は、こうした性格をプレゼンで「ソニーで唯一、自律的に人に近づき、人に寄り添うプロダクト」と称しています。このあたりからも、技術よりは愛着という位置づけのようです。



さて、今回の目玉となるAIに関しては、オーナーが喜ぶような行動を学習し、様々な「育成」によって成長していくという趣向。さらに昨今のスマートデバイスらしく、本体側での処理(Snapdragon 820搭載のため、ある程度は本体で処理が可能です)のみならず、クラウド側でも行なわれる設計です。



さらに、学習などのデータは本体側でのとクラウド側の両方に備える設計となっており、クラウドに蓄積された学習データ同士を連携させ、「集合知」として進化させることで機能や反応を強化する、といった計画もあります。



加えて、学習データはクラウド側にバックアップされていることから、修理が不可能な場合の"引き継ぎ"にも対応。ハードウェアを2代目にしても学習データは受け継がれていくように配慮されています(ただし現状では「サービス提供予定」扱い)。

なおLTEモデムを搭載する点も、こうしたクラウド側との通信が必要となるため。また位置づけとしては屋外などでの使用よりは、設定簡略化を前提としたものだそう。
実際にソニー側の説明では「出荷時にSIMを装着しているため、Wi-Fiの設定が難しいレベルのオーナーでも通信手段が確保できる、という点を重要視した」とのコメントがありました。



そして昨今のスマートデバイスらしいところとしては、Android版とiOS版、Web版のアプリ『My aibo』が用意されている点も挙げられます。
これは本体設定やaiboが撮影した写真の確認、さらにアプリ上のaiboと遊べる機能やモーションなどのコンテンツを追加できる「aiboストア」などが用意されます。



またプレゼンでは今後の展開予定として、システムソフトウェアの継続的なアップデートに加え、各種IoT機器やサービスとの連携(手近なところでは見守り系機能など)の追加などを紹介。

さらにサードパーティによるソフトウェア開発も可能とすべく、開発環境の公開や、その路線にある他社サービスとの協業も見据えているとのこと。
つまり、完全にというわけではないものの、オープンプラットフォームを志向した設計になっているというわけです。

プレゼンでは例として、今後公開予定の簡易開発環境の一つとして、PC上でモーションを自由に設定し、aiboに導入できる「モーションデザイナー」が披露されました。今後はさらにaiboのアプリと呼べるレベルで開発を可能とする環境も準備していくとのこと。



本体サイズは立ち姿勢の状態で突起部を除き、180×293×305mm(幅×高さ×奥行き)、重量は約2.2kg。連続稼働時間は約2時間、充電時間は約3時間。
付属品は充電ユニットとなるチャージステーション、そして"aiboのお供"ことピンクのボール(こちらも合わせて戻ってきました)、ACアダプタ、電源コードとSIMカード、マニュアルです。



このように新aiboは、単体として見ればよりかわいく、柔軟な動きができるペットロボットとして強化されて"帰ってきた"モデル。

しかしその裏では、専用ストアやクラウドによるデータ解析や機能発展、さらにはオープン化といった、昨今の(以前のAIBOとは世代が異なる)ロボット事情に合わせたモデルとしての位置づけもあります。

後者の観点から見ると、現状では予定事項が多いことから結論を出すのは早計ですが、帰ってきたaiboはロボット開発者層なども大きく注目できる存在となる可能性は相応以上にあるのでは、と感じました。

Gallery: ソニー 新aibo ERS-1000 発表会 | 34 Photos



4148 シェア
2458
1500
0
190

Sponsored Contents