Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:

iOS 11では「拡大鏡」がグンと手軽に。コントロールセンターからパッと使えます:iPhone Tips

シニア層の方などは設定しておくと便利です

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年11月9日, 午後12:00 in iphone tips
458 シェア
243
113
0
102

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View

iPhoneの「拡大鏡」という機能をご存知ですか? この機能はiPhoneのメインカメラ(背面側)と画面を使い、ルーペのように細かな文字や図形を拡大として見られるというもの。
iPhoneを新聞や雑誌などの読みたい文字にかざすだけで、画面上から拡大した文字を読むことができます。拡大倍率の変更や、ライトのオン・オフも可能など、市販のルーペよりも便利な側面もあります。

ただしこの機能、従来のiOSで有効にするにはアクセシビリティの設定を辿らねばならず、いささか使い勝手が悪いところがありました。しかしiOS 11では、コントロールセンターからワンタップで起動できるようになり、有効にするための設定もシンプルになっています。
紙の文字を「読みにくいな」と思ったとき、すぐに使えるツールとして有用度が増しているので、コントロールセンターにボタンを設定して、パッと役立てるようにしておきましょう。

Gallery: 拡大鏡をコントロールセンターからワンタップで起動しよう | 4 Photos

コントロールセンターのボタンを追加しよう


まずはコントロールセンターに「拡大鏡」ボタンを設置しましょう。「設定」を開き、「コントロールセンター」をタップしてください。次に、「コントロールセンターをカスタマイズ」をタップし、追加するボタンとして拡大鏡を選べば準備は完了。

画面を下から上にスワイプし、コントロールセンターを表示しましょう。「拡大鏡」ボタンが追加されていることがわかります。


▲「設定」を開き、「コントロールセンター」 「コントロールセンターをカスタマイズ」をタップ(左)。「拡大鏡」の横にある「+」をタップする(右)


▲コントロールセンターに「拡大鏡」ボタンを追加できた

「拡大鏡」ボタンをタップすると、iPhoneの画面が拡大鏡に切り替わり、かざした箇所を拡大表示できます。拡大倍率を変えるには、画面上のスライダを動かしましょう。また、画面左下のアイコンをタップすると、対象物をライトで照らすことができます。


▲iPhoneの画面が拡大鏡に切り替わった

iOS 10以前のiPhoneで拡大鏡を使うには、「設定」から「アクセシビリティ」の画面を開き、「拡大鏡」のスイッチをオンにする必要がありました。さらに、使用時にはホームボタンを続けて3回押す必要があるなど、便利な機能ではあるものの実際に使うには手間がかかりました。

一方、iOS 11なら「拡大鏡」の起動がコントロールセンターからワンタップで可能に。新聞や雑誌、辞書などのちょっとした文字を拡大する際、すぐに役立てられます。

関連キーワード: ios, ios 11, ipad, iphone, iphone tips, iphone8, iphoneX, ipod touch, tips
458 シェア
243
113
0
102

Sponsored Contents