Sponsored Contents

appの最新記事

Image credit:
Save

Appleの無料ビデオ編集アプリ「Clips」が神アプデ iPhone Xなら自宅でトリップできます

Appleならではのプレミアムな素材も魅力

ACCN, @ACCN
2017年11月10日, 午前08:00 in App
357シェア
52
98
0
207

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

Ittousai, 2月23日
View
新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

View
Appleのお手軽ビデオ編集アプリ「Clips」が新しくなりました。より直感的に使いやすいUIに一新されたほか、動画を撮りながらリアルタイムでフィルタを確認したり(iPhone 7以降)、スター・ウォーズやミッキー、トイストーリーの新ステッカー、ポスターが追加されています。iPhone、iPad両対応のユニバーサルアプリです。


さらにiPhone Xの場合、前面カメラのTrueDepthを用い、自分自身が用意されたシーンの中にいる動画を撮ることができます(セルフィーシーン機能)。


▲iPhone X専用になりますが、目玉はこのセルフィーシーン機能。12のシーンが用意されています。

▲電脳街ぽいところ。360度、グルっと見渡すことができます。本当にそこにいるみたい!


▲シーンによってはエフェクトとセットになっています。


▲アニモジ同様、つい普段はやらない動作をしてしまいます。だって、楽しいんだもの......。

UIを前バージョンと比較してみましょう。まず、以前のものから。


▲そもそもiPhone Xのスクリーンに対応しておらず、上下に無駄なスペースがあります。上にちいさなアイコンが並んでいて、ここからエフェクトやスタンプを選ぶ仕様でした。


▲iPhone Xに対応したフルフルの画面。録画開始ボタンの右に星マークがあり、そこから各機能へアクセスする仕様になりました。余計なものがなくて、わかりやすいですね。


▲ステッカーは、ディズニーキャラクターなどが最初から多数、追加課金なしで使用できます。この辺りは、さすがAppleならではのプレミア感ですね。しかも、すべて同アプリ専用の描き下ろしです。


▲システムの絵文字を動画に乗せることができます。このように拡大も可。

▲細かいところでは、テキストの音声入力の際、地球儀マークから言語をサクッと切り替えられるようになりました(従来はシステムの言語設定に従っていた)。多言語を流ちょうに操られる方、外国人のお友達がいる方に便利。


▲動きのある18種類のポスターを追加。タイトルで遊べます。


▲スタンプやポスターにライブラリの写真や動画を組み合わせるだけで、あっという間にシュールな作品がつくれ、これまたあっという間にシェアできます。インドア派もセンスの見せ所かもしれませんね。

シンプルなのに奥が深い、手軽に使え、それでいていくらでも凝ることができる新「Clips」。無料ですし、ぜひ一度お試しになられることをお勧めします。

関連サイト: Clips - Apple

関連キーワード: app, app store, apple, applenews, AppStore, iphone, iphoneX
357シェア
52
98
0
207

Sponsored Contents