Sponsored Contents

ios 11の最新記事

Image credit:

iOS 11なら「リーダー表示」をデフォルト化できる ウェブページをいつでも読みやすい状態に:iPhone Tips

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年11月10日, 午後01:00 in Ios 11
245 シェア
32
87
0
126

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View

Safariでウェブページを読む際、余計な広告をなくしてページ全体を読みやすくする「リーダー表示」という機能をお使いの人も多いでしょう。iOS 11ではこの「リーダー表示」を特定のウェブサイトでデフォルト化することが可能です。

この方法を使えば、いままでのようにページを切り替えるたびに「リーダー表示」をオンにする必要はありません。ウェブの閲覧を、これまで以上にスピーディーかつ読みやすく楽しむために、役立てましょう。

Gallery: Safariをデフォルトで「リーダー表示」にする方法 | 4 Photos

「リーダー」のアイコンを長押し

「リーダー表示」を特定のウェブサイトでデフォルト化するには、まずSafariでウェブページを開き、「リーダー」アイコンを長押ししましょう。このあと「自動リーダー表示」というメニューが表示されるので、「リーダー表示」のデフォルト化を特定のウェブサイトに設定するか、ウェブページ全般に設定するか選択します。ここでは、特定のウェブページのみを選択しました。


▲「リーダー」アイコンを長押し(左)。「リーダー表示」をデフォルト化したいウェブページ名をタップする(右)

これで、特定のウェブサイトを「リーダー表示」で見ることが可能になりました。先ほどリーダー表示にしたページ以外でも、同じウェブサイト内なら「リーダー表示」で読むことができます。


▲ウェブページが「リーダー表示」に切り替わった(左)。同じウェブサイトにあるほかのページも「リーダー表示」で読むことができる(右)

余計な広告が表示されない「リーダー表示」の方が記事を読みやすい、という人はすべてのウェブページを「リーダー表示」に設定するのも、ひとつの方法です。

なお、ウェブページを元の表示に戻したい場合は、「リーダー」のアイコンを再度長押しし、「◯◯で使用を停止」をタップすればOK。


▲「リーダー」のアイコンを長押しし、「◯◯で使用を停止」をタップ


関連キーワード: ios 11, iphone, iphone tips, safari, tips
245 シェア
32
87
0
126

Sponsored Contents