Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

東芝、テレビ事業を中国ハイセンスに売却。REGZAの開発・販売は継続

ハイセンスは世界3位のテレビメーカー

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年11月14日, 午後05:45 in Hisense
697シェア
362
254
0
81

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事


東芝は11月14日、テレビ事業子会社「東芝映像ソリューション」の発行済み株式95%を中国のハイセンスグループに売却すると発表しました。売却額は129億円で、2018年2月末以降に完了します。

事業売却後も「東芝映像ソリューション」という社名に変更はなく、TOSHIBA・REGZAブランドの映像商品の自社開発・販売・修理を継続するとのこと。また、残りの5%の株式については引き続き東芝が保有するとしています。とはいえ、95%の株式を中国のハイセンスグループが保有するため、REGZAブランドは事実上中国資本の傘下となります。

東芝は今回の事業売却について「世界第3位のTVメーカーであるハイセンスとの相乗効果を発揮することで、映像商品の強化・拡充により事業強化を実現します」とコメントしています。

ハイセンスグループは、テレビのほか冷蔵庫や洗濯機などの白物家電を開発する中国メーカー。2016年度の売上は全世界で1.6兆円に達します。2018年ロシアワールドカップの公式スポンサーにもなっており、日本でも「ワールドカップ仕様」をうたうテレビ新製品を12月に発売予定。日本法人の磯辺浩孝・執行役員副社長は先日開かれた新製品発表会の壇上で「ロシア大会を最大のチャンスと捉え、(日本でも)ハイセンスブランドの認知度を上げていきたい」と語っていました。
Source: 東芝
関連キーワード: hisense, regza, toshiba, tv
697シェア
362
254
0
81

Sponsored Contents