Sponsored Contents

Servicesの最新記事

Image credit:
Save

YouTubeにコンサートチケット販売機能が追加。公式PVの下に直近のスケジュール表示、購入ページへ誘導

まず北米から

Munenori Taniguchi
2017年11月15日, 午後06:00 in Services
613シェア
357
200
0
56

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

View
Googleが、YouTubeアプリに新機能としてチケット購入機能を追加しました。これはアーティストの公式ミュージックビデオを表示する際にその下に最新のコンサート日程が表示され、そのチケットを直接購入できる機能です。

この機能は米国の大手プロモーターLive Nation傘下のチケット販売会社Ticketmasterとの提携によって提供されるため、その他のプレイガイドなどが取り扱うチケットは表示されません。

Googleは今年、イベントの検索機能を検索サービスに組み込み、その後求人情報の検索機能なども展開。さらに宿泊予約、美容室予約、図書館蔵書検索といった機能を矢継ぎ早に投入しています。YouTubeのコンサートチケット機能もそうした機能拡張の流れのひとつと言って良さそうです。

なお記事執筆時点では、YouTubeアプリからで購入できるチケットは北米でのイベントに限られるとのこと。ただし、Googleはこの機能の拡大をグローバルに進めるとしており、いずれは日本国内のコンサートチケットも手配できるようになるかもしれません。

ちなみに、チケット販売サービスを始めているのはYouTubeだけでなく、Spotifyは2016年からTicketmasterと提携し、再生画面からアーティストのチケット購入ページへのリンクを表示しています。また、Amazonも英国でプライム会員を対象としてコンサートチケットの販売サービスを展開しています。

将来的には、Google HomeやAmazon Echoといったスマートスピーカーを通じて、音声でチケットのレコメンドや購入手配が可能になることも十分にあり得そうです。

613シェア
357
200
0
56

Sponsored Contents