Japan Autoblog Logo

Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

【ビデオ】1分半で分かる、テスラの新型「ロードスター」!

EVとしてだけでなく、スポーツカー全体で最強かも

Autoblog Japan Staff
2017年11月22日, 午後12:55 in Transportation
33シェア
0
33
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

テスラ2代目となる新型「ロードスター」を発表した。この4人乗り4輪駆動でオープントップの電気自動車(EV)を、同社は"世界最速のクルマ"と謳っており、0-60mph(約96.6km/h)加速は1.9秒、0-100mph(約161km/h)加速が4.2秒、そして最高速度は250mph(約402km/h)を超えるという。

Gallery: Tesla Roadster | 11 Photos

11



テスラは最高出力の数値を公表していないが、フロントに1基、リアに2基の電気モーターが発生する最大トルクは10,000Nm(1,020kgm)にもなり、停止状態から1/4マイル(約402m)まで、わずか8.8秒で走り抜けるという。さらにこのEVが素晴らしいのは、1回の充電による航続距離が620マイル(約998km)という点だろう。

ベース・モデルの価格は20万ドル(約2,240万円)で、予約金は5万ドル(約560万円)。今なら25万ドル(約2,800万円)を払えば1,000台限定の「ファウンダーズ・シリーズ」を手に入れることもできる。




Gallery: Tesla Roardster_unveil | 13 Photos

13

By AUTOBLOG STAFF
翻訳:日本映像翻訳アカデミー




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

33シェア
0
33
0

Sponsored Contents