Sponsored Contents

artの最新記事

Image credit:
Save

光りで描く、触れぬ鏡、時の分解再構築、動画でみる東大発メディアアート展「東京大学制作展」

いい感じで頭おかしく、いいぞもっとヤレ!

津田啓夢(Hiromu Tsuda), @boobyn
2017年11月22日, 午後05:00 in Art
254シェア
91
97
0
66

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

View


東京大学の学生らが日々の研究を芸術作品として発表する、テクノロジー x アートなイベント「第19回 東京大学制作展」の模様を動画でお伝えします。

数々の作品の中からもっとも注目したのは、パフォーマンスの動画映えが素晴らしかった『動Ku光』という作品。光るデバイスに反応し、パフォーマンスを拡張するかのようにスクリーンに描かれるプロジェクションマッピング。ダンスのようであり、ライブペインティングのようでもあり、といったものでした。



また、思わず背筋のあたりがゾクッとしてしまったのが『ミラーレス・ミラー』。鏡のように反射するのにそこに鏡はない、というなんとも不思議な作品。手を鏡の方へもっていくと、そのまま境界線の向こう側に吸い込まれてしまいそうな感覚になります。



このほか、時の概念の連続性と離散性を電気仕掛けのからくり時計で表現した『X(r/n)os)』も動画でどうぞ。毎秒繰り返す波紋、吊られていくアクリルの柱がある方向からみると、時計のデジタル表示になるというもの。神秘的な作品でした。



最後にこれらの作品をまとめた約80秒の動画をどうぞ。

関連キーワード: art, iiiEx, media art, technology, tokyouniversity
254シェア
91
97
0
66

Sponsored Contents