Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:
Save

ファーウェイ、iPhone XのFace IDにそっくりな顔認証を披露。animoji似の機能も

被写体を3Dモデル化することも可能

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年11月29日, 午後05:10 in huawei
226シェア
54
102
0
70

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

View

ファーウェイは11月28日、中国で新端末honor V10を発表。その発表会の最後、開発中の技術として、AppleがiPhone XのFace IDで利用しているTrueDepthカメラに似た顔検出技術を披露しました。

ファーウェイの顔検出技術はVCSELプロジェクターにより格子状のパターン(フリンジパターン)を投影し、その線のゆがみを2つのカメラで撮影することで、顔の隆起やくぼみを検出する仕組みのようです。ただ、具体的な方法は発表されておらず、詳細は不明。

説明によれば、Face IDの10倍にあたる30万ポイントの情報を10秒ほどで検出し、3Dモデルを構築できるとのこと。その後の顔認証は、指紋センサと同程度の400msで行えるとしています。



また、TrueDepthカメラを利用し、アニメの絵文字と表情を同期させるanimojiのクローンも披露されました。どうみてもAppleのanimojiにしか見えないのですが、舌の動きも同期できるのが大きな違いです。


▲iPhone Xのanimojiとの比較。左のhonor(HUAWEI)が下も同期しているのに対し、右のiPhone Xは口を開けただけ。

披露はされたものの、どの程度完成しているのか、いつリリースされるのかなどの情報は発表されませんでした。ただ、顔検出と同様の技術を使った対象物の3Dモデル作成のデモは実機を使って行われており、意外と完成間近なのかもしれません。

この技術、早ければ2018年にリリースされる次期Pシリーズ(P11)に搭載される可能性もありそうです。



Via: winfuture
Source: honor
関連キーワード: FaceDetection, faceid, honor, huawei, smartphone, truedepth
226シェア
54
102
0
70

Sponsored Contents