Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

Google MapがiPhone Xに最適化、画面を目一杯使えて視認性向上

すごい見やすい

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年12月1日, 午後01:15 in Apple
192シェア
62
81
0
49

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

View
マルウェア「Triton」で工場制御システムが乗っ取られる事例が発生。安全装置作動し操業が一時停止

マルウェア「Triton」で工場制御システムが乗っ取られる事例が発生。安全装置作動し操業が一時停止

View

iOS版「Google Map」がiPhone Xの縦長解像度をサポートしました。App Storeから最新バージョンに更新することで利用できます。

iPhone Xはアスペクト比2.16:1(縦:横)の縦長有機ELディスプレイを搭載しますが、これを目一杯利用するにはアプリ側の最適化が必要。最適化されていないアプリでは上下に黒帯が表示されてしまい、せっかくの大画面を活用することができません。

今回、Google MapがiPhone Xに最適化されたことで、縦長のディスプレイを目一杯使って地図を表示可能に。上下に黒帯が表示されていた従来バージョンに比べて、視認性が格段に向上しています。

なお、「Gmail」などは依然としてiPhone Xの解像度には対応していません。

関連キーワード: apple, google, googlemap, iphone, iphonex
192シェア
62
81
0
49

Sponsored Contents