Sponsored Contents

ios 11の最新記事

Image credit:
Save

iOS 11の「マップ」はVRツアーに対応! 世界の都市をiPhoneひとつで散策しよう:iPhone Tips

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年12月4日, 午前06:00 in Ios 11
254シェア
34
105
0
115

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

View

iPhoneの「マップ」アプリには、航空写真を3D表示する「Flyover」という機能が搭載されています。iOS 11ではこの機能が大幅に進化。iPhone 6s以降の機種では、自分の動きに合わせて景色が拡大していく機能や、表示した都市の主要スポットをツアー感覚で巡れるVR機能も搭載しています。

目的地までの経路を調べるだけでなく、その土地を"楽しむ"ツールとして「マップ」を使ってみませんか?

Gallery: 「マップ」でVR体験を楽しもう | 5 Photos

5

3D表示でVR体験を楽しむ

「マップ」アプリで「東京」や「パリ」など都市の名前を入力し、「Flyover」をタップすると、その都市の航空写真を3Dで表示できます。ここでは「パリ」と検索しました。


▲「マップ」アプリを開き、都市の名前を入力。次に「Flyover」をタップする(左)。パリの航空写真が表示された(右)

航空写真を表示した状態でiPhoneを持ち歩くと、自分の動きに合わせて画面が拡大し、その都市を上空から眺めているような感覚を楽しめます。また、iPhone本体を頭上にかざすと空の様子が見えたり、横向きにすると都市の全景がわかったりと、iPhone1台でちょっとした都市探索ができるのも魅力です。


▲自分の動きに合わせて画面の動きが変化する(左)。画面を拡大して都市の細かい部分を見ることも可能(右)


▲iPhoneを横向きにすると、都市の全景が見える



VRツアーで都市の主要スポットをチェックしよう

iOS 11の「Flyover」は都市をVRツアーできる機能も搭載。「マップ」で都市名を検索し、「Flyover」を選択したあと「都市のツアーを開始」をタップすると、画面が動き出し、都市の主要スポットを案内してくれます。


▲都市名を入力し、「Flyover」をタップしたあと「都市のツアーを開始」をタップする(左)。VRツアーが開始された(右)

案内の最中には、そのスポット名が表示されます。また、施設をただ映すのではなく、全体像がわかるようにぐるっと1周してくれるので、都市のイメージを掴むのにも役立つでしょう。

「Flyover」でVR体験が楽しめる都市は限られていますが、旅行前にこれから訪れる主要都市について予習したり、訪れてみたい都市に思いを馳せるのに活用してはいかかでしょう。

関連キーワード: ios 11, iphone, iphone tips, map, tips
254シェア
34
105
0
115

Sponsored Contents