Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

GoogleカレンダーがiPhone Xに対応、iOS 11のドラッグ&ドロップもサポート

視認性が格段に向上

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年12月12日, 午後05:15 in Google
70シェア
0
70
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


GoogleカレンダーのiOS版が、iPhone Xの解像度に対応しました。最新のバージョン2.22に更新することで利用できます。

iPhone Xはアスペクト比2.16:1(縦:横)の縦長有機ELディスプレイを搭載しますが、これを目一杯利用するにはアプリ側の最適化が必要。最適化されていないアプリでは上下に黒帯が表示されてしまい、せっかくの大画面を活用することができません。

今回、GoogleカレンダーがiPhone Xの解像度に対応したことで、画面を目一杯使ってスケジュールを表示可能に。上下に黒帯が表示されていた従来バージョンに比べて、視認性が格段に向上しています。

また、iOS 11のドラッグ&ドロップ機能にも対応。例えばGoogleドキュメントを予定の添付欄にドラッグしたり、ブラウザからテキストを予定の説明欄にドラッグすることも可能になりました。

iPhone X発売から1か月以上が経過し、縦長ディスプレイに非対応のアプリは徐々に減りつつあります。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: google, googleCalendar, iphone, iphonex
70シェア
0
70
0
0

Sponsored Contents