Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

画面埋込み式指紋センサー採用スマホ、CES 2018でデモ展示へ。「メジャーなメーカー」が開発

冬場、マスクをしても使えるのが指紋認証

Munenori Taniguchi
2017年12月14日, 午前07:00 in Mobile
253シェア
76
123
0
54

連載

注目記事

人気記事

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

Ittousai, 4 時間前
View
アフリカ・ソマリ族の矢毒から男性向け経口避妊薬を開発。精子活動を抑制する成分のみを合成

アフリカ・ソマリ族の矢毒から男性向け経口避妊薬を開発。精子活動を抑制する成分のみを合成

View
「ディスプレイ埋込み型指紋認証センサー」を搭載するスマートフォンが、早ければ年明け早々にも発売されるかもしれません。モバイル向け部品メーカーのSynapticsは、「Clear ID」と名付けたディスプレイ埋め込み型センサーを搭載するスマートフォンが家電見本市CES 2018に登場すると発表しました。

ディスプレイ埋込み式指紋認証センサーといえば、2017年6月に中国Vivoがクアルコム製のセンサーを使ったデモを行っていました。ただ、まだ精度の面で実用域には達していませんでした。

SynapticsはCESで埋込み式指紋認証センサー搭載スマートフォンを発表するメーカーが「五本指に入る」「メジャー」だと表現しています。たとえば、HuaweiやXiaomiといった中国メーカーがこれを採用してくる可能性はありそうです。またSamsungは、WIPO(世界知的所有権機関)にディスプレイ上で指紋認証するシステムの特許申請をしていたことがわかっています。

埋込み式指紋センサーは、従来の直接接触式に比べればまだ性能が劣るとされます。しかし、SynapticsはClear IDが、iPhone Xが搭載するFace IDのような3D顔認証に比べると2倍の速さで認証を済ませることができると主張しています。

実際のところ、性能の問題はその技術が広く採用されれば解決されていくものです。全面ディスプレイ化が現在のスマートフォンのトレンドであり、そのスタイルを採用するスマートフォンは指紋認証センサーを背面に移動したり、虹彩認証など別の生体認証に置き換えるしか選択肢がありませんでした。

Clear IDなら、全面ディスプレイを採用しながらも指紋認証を使いやすい位置に配置できるため、ユーザーは新しい認証方式に戸惑うことがなく、またメーカーも採用しやすいはず。とりあえずはSynapticsの主張を信じて、来月に迫ったCES 2018でどのメーカーがClear ID採用スマートフォンを発表するのかに注目したいところです。

253シェア
76
123
0
54

Sponsored Contents