Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

運動始めにApple Watchはいかが? 2018年版「謹賀新年チャレンジ」が公開。3つのゴール達成で特別バッジが

難易度高めですが新年をアクティブに過ごすきっかけになりそう

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年12月28日, 午後01:22 in apple
117シェア
17
45
0
55

連載

注目記事

人気記事

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

アップル、iPhoneの意図的な低速化を無効にできるアップデート提供。クックCEOが「誤解を招いたことをお詫び」

Ittousai, 4 時間前
View
アフリカ・ソマリ族の矢毒から男性向け経口避妊薬を開発。精子活動を抑制する成分のみを合成

アフリカ・ソマリ族の矢毒から男性向け経口避妊薬を開発。精子活動を抑制する成分のみを合成

View

2017年の1月にも行われたApple Watchの謹賀新年チャレンジが、2018年1月にも開催されます。
Apple Watchのアクティビティでは、様々な記念日などに合わせ、特別なバッジが獲得できる、「アクティビティチャレンジ」というイベントを開催していますが、謹賀新年チャレンジもその1つ。

2018年版はApple Watchを身に着け、「ムーブ」「エクササイズ」「スタンド」の3つのアクティビティゴールを7日間連続で達成するとチャレンジ成功です。

これまで実施された他のチャレンジは、基本的に1日で終わるものがほとんど。しかも外で30分以上運動する、何Km以上歩くなど比較的達成しやすいものになっていました。それらと比べると謹賀新年チャレンジは少し難易度が高めです。

「ムーブ」は消費カロリーとなっており、このゴールだけは自分で設定が可能です。達成が難しいと感じるなら低めに設定するのもアリでしょう。ただ1日30分運動する「エクササイズ」、1日12時間、1時間毎に1分程度立って少し体を動かす「スタンド」はゴールを変更できません。ゴール達成には地道に運動を続ける必要があります。



なお、チャレンジ自体は1月1日から開始されますが、1月中であればどの7日間でも獲得可能です。2017年のチャレンジでは月曜~日曜に限定されていましたが、今回はどの曜日からでも開始できるため、その分難易度は下がったと言えます。

とはいえ、全体的な難易度はやはり高め。それでも年末年始の食べ過ぎからのダイエットに、また新年をアクティブに過ごすきっかけとして、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。

117シェア
17
45
0
55

Sponsored Contents