Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

iPhoneの軛から放たれた「Apple Watch Series 3」に未来を想う:超個人的ベストバイ2017

スマートガジェットを運用するライフスタイルにも変化が訪れそう

Hirotaka Totsu
2017年12月29日, 午後02:00
238シェア
64
61
0
113

連載

注目記事

人気記事

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View


iPhone 8とあわせて発売となったApple Watch Series 3。今回のモデルから新たに加わったのはGPS + Cellularモデル。物理的なSIMカードが不要なeSIMを採用し、手軽に契約できるようになった点も衝撃的でした。とはいえ、毎年のように新モデルが出る状況にうんざりもしており、どうせ毎年買うならと「スペースグレイアルミニウムケースとダークオリーブスポーツループ」を選びました。



Apple Watch単体でモバイル通信ができるようになったのは大きなポイントです。今までは、iPhoneと連携したデバイスとしか活用できませんでしたが、Cellularモデルは単独デバイスとしての歩みを始めたと言っても良いでしょう。

実際に自宅やオフィスにiPhoneを忘れて外出してしまった場合に、Apple Watchで通話を受けて用事を済ませることもできました。あくまでも用途は限定されますが、Apple Watchだけ身につけていればよいシーンが見えたことで、スマートガジェットを運用するライフスタイルにも変化が訪れるのではないでしょうか?

iOSが進化するたびにバッテリーも持つようになりました。現時点では通常使用で2日弱ほどですが、1週間程度持つようになったり、充電が短い、日常使用で追充電ができるなどの長期間身につけていられるようになったら健康状態をモニターするなどにも積極的に活用できるようになるかもしれません。

238シェア
64
61
0
113

Sponsored Contents