Techcrunch Japan Logo

Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Googleカレンダー、まもなく新デザインに強制移行

会議室予約が簡単に

TechCrunch Japan Staff
2018年1月5日, 午後01:00 in google
334シェア
107
121
0
106

連載

注目記事

人気記事

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View

昨年10月、Googleはデスクトップ版Googleカレンダーのルック&フィールを 変更した。誰もが新しいデザインを気に入っているわけではない(私もその一人だが、何人かの人たちは私が間違っていると言った)が、もうすぐそんな意見は関係なくなる。なぜならGoogleは強制的に新デザインにアップグレードするからだ。

米国時間1/3、同社が 発表したところによると、G Suiteユーザーで、管理者がRapid Releaseスケジュールを選択している場合、1月8日から、Scheduled Releaseプランの場合は1月15日からアップグレードが始まる。2月28日までは新UIからオプトアウトが可能だが、それ以降は「全ユーザーがアップグレードされる」。

新デザインは、アップグレードされたカレンダーで変わったことの一つにすぎないことは言っておくべきだろう。たとえば、会議室予約が簡単になり、招待状にリッチフォーマティングが使えるようになった。

個人的には、コンパクトなデザインの好きな私は今でも古いデザインに戻りたいと思っているが、上にも書いたように私が間違っているのかもしれない。私が正しいと思う人はコメント欄で教えてほしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook


関連キーワード: Calendar, google, googlecalendar, internet, web
334シェア
107
121
0
106

Sponsored Contents