Sponsored Contents

CESの最新記事

Image credit:
Save

動画:背負えるちっちゃな電動バイク「Smacircle S1」に乗ってみた。at CES 2018

重量わずか7kg

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2018年1月13日, 午前10:00 in Ces
293シェア
124
96
0
73

連載

注目記事

人気記事

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

本日限り!ポケモンGO、『なみのりピカチュウ』大発生は20日(土)正午から15時まで。初の #PokemonGOCommunityDay

Ittousai, 8 時間前
View
IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View


Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。米CES 2018の会場にて、中国・深センのスマサークルが2017年の5月に発表した電動バイク Smacircle S1に試乗したのでレポートをお届けします。プースにあったのは、本体とバックパック。実はこの電動バイク、折りたたむとバックパックに入る大きさなんです。

フレームはカーボンファイバーで、重量は7kg。バックパックに入れた状態で持ち歩くことができます。最高速度は時速20km。2.5時間の充電で20km走行可能。バッテリーはサムスン製で、スペアバッテリーも販売しています。




右手を手前に回すとアクセル。左の親指でレバーを下に押すとブレーキ。ペダルは足を乗せるだけです。また、スマートフォンと連携し、アプリを使ってロック解除ができます。

価格は Indiegogoのアーリー・バードで56%オフの649ドル。移動用のバックパックがついてきます。スペアバッテリーは129ドル。

アプリを使用すると、最高速度の調整やルートトラッキング、平均速度、ロックと解除などが行えます。ナンバーを取得しない限り日本の公道で走ることはできませんが、日本でもこんなスマートバイクでスムーズに移動できる日がくると良いですね。

関連キーワード: CES, CES2018, EV, Smacircle S1
293シェア
124
96
0
73

Sponsored Contents