Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:
Save

動画:Amazon Alexa対応の人型ロボ「Lynx」を踊らせてみた at CES 2018

Alexa対応ストームトルーパーが欲しい!

弓月ひろみ(Hiromi Yuzuki)
2018年1月16日, 午後08:30 in Ai
236シェア
91
87
0
58

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

View
火星行きRoadsterの現在地がわかるウェブサイト開設。最接近は2020年10月7日。73年後には回収可能?

火星行きRoadsterの現在地がわかるウェブサイト開設。最接近は2020年10月7日。73年後には回収可能?

View

Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。CES 2018の会場から弓月ひろみがお伝えします。中国・深センのUBTECH RoboticsがAmazon Alexa対応のヒューマノイドロボット Lynxを出展していました。

UBTECH は、AIとヒューマノイドロボティクス専門の企業で、2017年の東京コミコンではストームトルーパーをモデルにしたロボット First Order Stormtrooperを発表しています。

なめらかな動きが特徴で、Lynxの頭部にボリュームボタン、額にカメラを備えています。アプリを介して操作するアバターモードでは、このカメラの映像を確認して操作可能。音声認識モードでは、Amazon Echoなどと同様「Alexa」と呼びかけて操作します。

ところがCESの会場はうるさく、発音のせいもあってなかなか認識しません。何度目かのトライでようやく認識してくれ、やっと踊ってくれました。LynxはAmazon.comで販売中で、価格は799ドル。

CES 2018のロボットの展示では、UBTECHのロボットのなめらかな動きが頭1つ抜きん出ている印象でした。今度は自由自在に動き、Amazon Alexaにも対応したストームトルーパーにも期待したいところです。



 
 

関連キーワード: ai, Amazon Alexa, ces2018, Lynx, robot, ubtech, UbtechRobotics
236シェア
91
87
0
58

Sponsored Contents