Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

世界初の512GB microSDXC は2月出荷、速度は『V10』

スマホやデバイス側の対応に注意

Ittousai, @Ittousai_ej
2018年1月23日, 午後02:36 in Integral
354シェア
0
354
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


欧州のメモリ屋さん Integral Memory が、512GB microSDXC カードを2月より出荷します。インテグラルによれば、容量512GB マイクロSDXCカードの出荷は「すべての競合を出し抜いて」世界初。

大手のSanDiskは昨年から400GBモデルを販売中ですが、キリの良い(?) 512GBはインテグラルが初となる見込みです。(宣言どおりに出荷でき、他社に出し抜かれなかった場合)。

カードの正面は容量とメーカー名、マイクロSDXCロゴのほかに速度やインターフェースを表す記号が並び、米に字を書くアレの様相を呈していますが、解読するとSDスピードクラスが10、UHS-I 対応でUHSスピードクラスU1、最近加わったビデオスピードクラスでV10。


C10、U1、V10と並ぶと暗号のようですが、具体的にはいずれも10MB/秒の連続書き込み速度を保証します。

目新しいVクラスは Video Speed Class で、この上には目安として 4K 60fps / 120fps 動画の録画に適したV30 (30MB/秒)、8KでもいけるV60 (60MB/秒) などが規格上には存在します。

蛇足ながら、SDアソシエーションが規格化したSDカードの性能指標にはさらに新しいAクラス(アプリケーションパフォーマンスクラス)もあり、こちらは連続書き込み速度に加えて、SSDなどで重要な性能指標になるランダム読み書きオペレーション速度 (IOPS)も定めています。

A1が10MB/秒かつランダム読み出しIOPS1500 、書き込み500。A2はそれぞれ4000 / 2000。インテグラルの今回の製品はAクラスを明示していません。

インテグラルの512GB microSDXC カードは各市場で2月出荷予定、価格は未発表です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Integral
関連キーワード: integral, sd, sdxc
354シェア
0
354
0
0

Sponsored Contents