Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

東京オートサロン2018で撮り初め。ブースを彩るレースクイーン特集

ストロボが故障するハプニングをレンズセレクトとカメラセッティングで乗り切る

Hirotaka Totsu
2018年1月24日, 午前06:01 in Auto Salon
163シェア
30
42
0
91

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

Google画像検索が「画像を表示」廃止・アップル新社屋でガラスに衝突する社員続出・インテルに約30件の訴訟 #egjp 週末版109

View


東京オートサロン2018では、出展ブースのコンパニオンをレースクイーンがつとめることも多くありました。今年の撮り初めとして、D850にAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRおよびAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRを用意して取材に臨みました。

Gallery: TAS20180112 | 140 Photos

140


Gallery: TAS20180113 | 60 Photos

60


Gallery: RQA2017 | 78 Photos

78






初日は、プレスデーということもあり比較的空いていたので、24−120を選択。スピードライト(ストロボ)を装着して撮影したので光量も十分で好条件で撮影できました。








初日のフォトギャラリーは以下をご覧ください。

Gallery: TAS20180112 | 140 Photos

140


二日目は、一般公開で土曜日ということもありかなりの混雑でした。さらに、スピードライト(ストロボ)が故障で機能しなかったため、ISO感度や露出設定をあげ、絞りを開放気味のセッティング。また、混雑した会場で人垣もできている中での撮影でしたので、70−200を装着して臨みました。





混雑している中でストロボを使用しないと、撮影セッティングとしては成立しても、目線をもらえないなどアピール負けする場面も多くありました。声をかけることでアピールをしつつ、シャッターを押す指を大きくアクションさせることで、撮影の切れ目や画角変更をしているアピールを併用することで、ポージングの変更などをしてもらいました。






2日目の会場の様子はこちらのフォトギャラリーで紹介いたします。

Gallery: TAS20180113 | 60 Photos

60




レースクイーン大賞の取材では、70−200を装着した状態で三脚を使用しました。縦横での撮影を頻繁に切り替える必要が発生したので、三脚座のリングを緩めて縦横や画角をコントロールしやすい状態で撮影を行いました。




レースクイーン大賞の模様は、こちらの記事で詳細に紹介しております。

機材トラブルで始まった2018年ですが、今年の機材はストロボ選びから始まりそうです。

関連キーワード: auto salon, rq
163シェア
30
42
0
91

Sponsored Contents