Sponsored Contents

Wearablesの最新記事

Image credit:
Save

アップル、謎の(おそらくApple Watch用)充電ケースの特許を取得。スマートバンドの充電にも対応?

キャンプの夜でも充電できる

Kiyoshi Tane
2018年2月28日, 午後07:30 in Wearables
64シェア
0
64
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

アップルが「ウェアラブル電子機器のケース」に関する特許を取得したことが明らかになりました。特許の画像から判断して、おそらくApple Watchを外出中に充電できるキャリングケースと推測されます。

このケースは本体とともにバンドを内部に収納できる形態。さらに追加センサーやバッテリーなどApple Watchの機能を補完する「スマートバンド」の登場が示唆される内容となっています。

WatchCase
特許の画像によれば、このケースは長方形の形状で、左側にはApple Watch(と思われるウェアラブル機器)用バンドの収納スペース、右側には本体を納めるくぼみを配置。マグネットらしき「アタッチメントシステム」が存在するため、「異なる幾何学的形状」のバンドでも安定して収納できるとのこと。
WatchCase
またスポーツバンドのように「複数のセグメントがある」(上下に分割)バンドも、「単一のセグメントから成る」ミラネーゼループ式(一本のバンド)も同じように格納できる、と規定されています。

特許の文面には、「格納された一つまたは複数のバンドを充電できる回路を含むこともできる」とも併記。つまりバンドに追加センサーや拡張バッテリーなどを内蔵した、いわゆる「スマートバンド」の登場をほのめかすような内容です。

Apple Watchに様々な機能を追加するスマートバンドのうわさはたびたび流れており、2016年4月にはアップルの出願したワイヤレス充電用バッテリーやGPSレシーバー内蔵バンドの特許が発見され、2017年5月には血糖値測定機能付きバンドが投入される可能性が報道されていました。

例によって、アップルが特許を取ったからといって製品化されるとは限らず、このまま特許だけで終わる可能性も充分にありえます。

Airpods
アップル製の「充電機能付きの収納ケース」といえばAirPodsの前例があるものの、実はApple Watch向けにもサードパーティ製の充電ケースなるものがすでに市場に出まわっています。

仮に今回の特許が製品化されたとしても、何かの機能をもつスマートバンド抜きでは「アップル純正品でデザインが統一される」以上の魅力を感じにくいのも確か。ここは長らく噂されている血糖値測定機能付きのスマートバンドとセットで、発売に至ることを切に望みたいものです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: MacRumors
Source: USPTO
関連キーワード: airpods, apple, Applewatch, battery, peripherals, Wearables
64シェア
0
64
0

Sponsored Contents