Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

2017年の今日、「スプラトゥーン2」が発売されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2018年7月21日, 午前05:30 in today
73シェア
0
73
0
0

連載

注目記事


おもなできごと
・1995年7月21日、任天堂が「バーチャルボーイ」を発売
・2005年7月21日、セガトイズがおよそ1万個もの星を投影できる家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」を発売
・2006年7月21日、ソニーがαの名を引き継いだ「α100」(DSLR-A100)を発売
・2010年7月21日、BluedotがWikipedia端末「WikiReader」を発売
・2017年7月21日、任天堂がNintendo Switch用アクションシューティングゲーム「スプラトゥーン2」を発売

7月21日は「ナツイチの日」。ナツイチは集英社文庫が1991年から開始した「夏休みに一冊、中高生にも文庫を手に取ってほしい」というキャンペーンで、読書習慣を普及するのが目的。このキャンペーン中ということと、「ナ(7)ツ(2)イチ(1)」の語呂合わせから、集英社が制定しました。

過去のできごとで気になったのは、任天堂の「スプラトゥーン2」発売(2017年)。前作がWii U用にも関わらず登場直後から大人気となり、一気に任天堂を代表するゲームへとのし上がったのは記憶に新しいですが、その続編、しかも今度は現役バリバリのSwitchでの発売とあって、多くの人に期待されていたタイトルです。

4人協力モードが追加されるなど、さらにパワーアップして登場しました。Switchは発売直後から非常に人気が高く、3月の発売からずっと品薄が続いていたこともあり、スプラトゥーン2発売前の6月には、異例の「お詫びとお知らせ」が掲載される事態になっていたのも、今となってはいい思い出です。

もうひとつ気になったのは、セガトイズの「HOMESTAR」発売(2005年)。家庭用のプラネタリウムとしては初めて光学式を採用し、業務用プラネタリウムに迫る1万もの星を投影可能にした製品です。2万円前後という価格にも関わらず、その美しさから大ヒットとなりました。現在はラインナップが大きく増え、低価格モデルも登場。また、現行モデルの「HOMESTAR Classic」は実売で約1万円と価格は下がりながらも、約6万もの星を投影できるなど、性能は大きく向上しています。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

仕事しながら運動、デスク付きルームランナー&バイク「CITTA」 発売。8月1日予約開始、14.6万円、7.5万円


デスクワーク中でも運動ができるという「CITTA」の話題です。

姿勢を動かさずに長時間椅子に座っていると、体のあちこちが痛み、とくに腰への負担が高くなるといいます。定期的に椅子から立ち上がって体を動かしたりするのがいいそうですが、仕事に追われているとついつい忘れてしまいがち。そんな人でも「CITTA」を使えば仕事中も常に歩き続けることになるので、簡単に運動不足が解消できます。

そこまでして運動したいのか、もしくは、そこまでして仕事したいのか、といった2つの意見に別れそうなアイテムですが、難しいことは考えず、気分転換に使う作業場のひとつとしてあると面白そうですね。会議室に導入すれば、もしかしたら会議の時間が短縮されるかもしれません。




無料イベントの参加者、フリマ出店者 募集中



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

73シェア
0
73
0
0

Sponsored Contents