Sponsored Contents

servicesの最新記事

Image credit:
Save

Dropbox、一部ユーザーに容量1TBをプラス

ProfessionalとBusiness Standard向け

78シェア
14
64
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


[Engadget US版より(原文へ)]

DropboxのProfessionalとBusiness Standardは本日から、使用可能な容量が1TB増加されます。Professionalユーザーは倍増となる2TB、そしてBusiness Standardは3TBをチームメンバーと共有できるのです。

これはDropboxを愛用するユーザー、特に大容量の動画ファイルなどを共有する場合にありがたい容量増加となります。新規ユーザーは登録時から拡張された容量が使用でき、既存ユーザーに対しては数週間以内に容量の増加がおこなわれます。Professionalプランは月額20ドル(年額199ドル)で、月額10ドルのPlusプランよりも多くの機能が使用でき、一方ユーザーあたり月額12.5ドルのBusiness Standardは3人以上からの申込みが必要です。

しかしながら、1TBが利用できるPlusユーザーに対しての容量増加は現時点では発表されていません。一方「One」プログラムを発表したグーグルはより戦略的に、2TBで月額10ドルという価格でのサービス提供を発表しており、こちらは最大6人までのプライベート・ストレージの家族間共有が可能となっています。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。
原文著者:Kris Holt



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: dropbox, google, services
78シェア
14
64
0

Sponsored Contents