Sponsored Contents

gadgetryの最新記事

Image credit:
Save

スマートスピーカーと連携する格安ロボット掃除機と、空気を汚さない蚊取り器がAmazonでタイムセールに

ロボット掃除機を買うと、使うために人が床を掃除をして綺麗になる

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年8月31日, 午後04:00 in gadgetry
29シェア
2
27
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

ルンバをはじめとするロボット掃除機は、いまだにけっこうな高級品。なおかつWi-Fi搭載でGoogleアシスタントやAlexaと連携するなら、5万円近くもざら......と思っていたのですが、調べてみるとロボット掃除機は2万円台からありました。

なかでもソフトバンクの「+Style」で扱っているminibot『スマートロボット掃除機』は、手頃な価格ながら、GoogleアシスタントとAlexaの両方に対応。スマートスピーカーから操作が可能なほか、水拭きにも対応するという多機能ぶりが特徴です。

問題は、このロボット掃除機が掃除できるよう、あらかじめ床から荷物をどけ綺麗にしておかなければならない点だけでしょうか。




これで価格が税込2万1800円ですから、試してみる価値はありそうです。さらに9月2日にはAmazonのタイムセール対象となり、28%オフの1万5800円になります。

もう一つ、+Style繋がりで9月2日に安くなるのが、Oittmの『スマートモスキートキラー』。紫外線LEDで蚊を誘引し、ファンで吸い込む蚊取り器です。




この手の蚊取り器は昨今珍しくはないのですが、このモデルはWi-Fiに対応しており、Googleアシスタント、Alexaから音声操作が可能なのがポイント......といっても、本体自体が機能がシンプルなため、音声操作はスイッチのON/OFFのみですが。

電源はUSBからの給電(5V/1A)で動くので、クルマの中や、モバイルバッテリと組み合わせてアウトドアでも利用できそうです。



こちらのタイムセール価格は、27%オフの1980円となります。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: +Style(1), (2)
関連キーワード: +style, gadgetly, gadgetry, Gadgets, minibot, robot, robots
29シェア
2
27
0

Sponsored Contents