Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

IT修理屋iFixit、4代目Apple Watchを捌く。意外に修理は可能、ECGやTaptic Engineが整然

分解マニア汁出まくり

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年9月25日, 午後01:30 in Apple
76シェア
5
71
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
Apple Watich Series 4は、ケースのサイズがわずかに大きくなっただけでなく、内部も大きく変化しています。今回も分解DNAほとばしるIT修理屋さんiFixitが、出たばかりの最新Apple Wathを見事にさばいて見せています。

Series 4の44mmモデルと、Series 3の43mmモデルを並べてみると、意外にも44mmモデルがさほど大きくは見えないことがわかります。これは単純に対角で2mmの差しかないだけでなく、ケースのコーナー部分のR(半径)をより大きくとり、全体的な丸みを増すことで視覚的に大きく見せない工夫がなされているようです。

Series 4のもっとも注目される新機能は、ECG(心電図)モニタリング機能に違いないでしょう。これは一部がデジタルクラウンの中に組み込まれており、その詳細はクラウンそのものを分解してみないことにはわかりません。これは通常の分解よりもはるかに細かい作業になると考えられることから、iFixitは別立てでクラウン内部を明らかにするとしました。

Series 4のデジタルクラウンはSeries 3までの物理的なボタン機構ではなく、Taptic(触覚)フィードバック式に変わっています。内部にはTaptic Engineと記されたコンポーネントが組み込まれているのがわかります。一方で、ケースの大型化はスピーカー音量の増大に寄与していそうです。

バッテリーは、Series 3の38mmモデルに比べるとやや容量増加とも言えるものの、42mmモデルとの比較ではわずかに少なくなっています。それでいて連続使用時間18時間を維持していることから、Series 4では性能と電力消費量のバランスが向上していることがわかります。
そして、iFixitは意外にもApple Watch Series 3が比較的修理がしやすい構造だと評価しました。内部コンポーネントは「思慮深く配置」されており、特にバッテリーとディスプレイは交換ができる仕組みになっているとしています。もちろん、素人がおっとり刀で太刀打ちできるものでもないはずですが、少なくともある程度の専用工具やスキル、そして交換パーツが必要ではあるものの、それらを入手しさえすれば画面が割れた(バッテリーがヘタった)Apple Watchを自分で元どおりにもできそうです。

これは、4代目となるウェアラブルデバイスの設計開発に、アップルもまた慣れて要領を得てきたため、と言えるかもしれません。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

76シェア
5
71
0

Sponsored Contents