Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

楽天モバイル、10月1日からau回線でのサービス開始。ドコモ回線の場合と同価格

MNOへの移行はどうなる?

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年10月1日, 午後12:15 in mobile
119シェア
19
100
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

MVNO(格安SIM)サービスを提供する楽天モバイルが、10月1日より、従来のドコモ回線に加え、au回線でのサービスも開始しました。

au回線で利用できるのは、通信容量を細かく選べる組み合わせプランのみ。長期契約のよる割引を受けられるスーパーホーダイは提供されていません。組み合わせプランでもデータSIM(SMSなし)は非対応となっています。

なお、価格自体はドコモ回線でのサービスと同じです。



また、通話SIM契約時に、2回線目の契約が安くなるプラス割の特典も新しくなっています。2回線目の月額基本料が3ヵ月間0円なのは従来どおり。これに加えて2回線目がスマートフォンとのセット契約であれば、その販売価格から5000円割引。SIM単体での契約なら5000円のキャッシュバックが受けられます。



なお、2回線目が通話SIMなら、それを利用して3回線目の契約でもプラス割を受けられます。これは4回線目以降も同様です。

楽天モバイルは2019年10月にMNOに新規参入を予定しており、その際、既存のMVNO(楽天モバイル)も取り込む方針としています。

今回、複数年契約が可能なスーパーホーダイを提供しないのも、1年後のMNO参入を見越してのことかもしれません(単に、システム的な問題の可能性もありますが)。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

119シェア
19
100
0

Sponsored Contents