Sponsored Contents

avの最新記事

Image credit:
Save

100台以上の連携再生も可能な高級BluetoothスピーカーがJBLから。JBLサウンドと防水を両立

内蔵バッテリーは10000mAhと大容量。連続再生は約15時間

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2018年10月5日, 午前10:00 in av
33シェア
5
28
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
ハーマンインターナショナルは、世界的なスピーカーブランドJBLのポータブルBluetoothスピーカー「JBL XTREME2(エクストリーム2)」を10月26日(金)に発売します。公式通販サイトの販売価格は2万9880円(税抜)です。

「JBL XTREME2」は、IPX7等級の防水機能を搭載しながらも、JBLならではのクリアな中高域と豊かな低音域再生を実現し、屋外や水辺などでも大迫力の"JBLサウンド"を楽しめるのが最大の特徴です。



本機の特徴としては、そのサウンド以外にも「JBL コネクトプラス」という機能を搭載する点が挙げられます。

これは、複数のワイヤレススピーカーを連携させ、同時に曲を再生可能にするという、パーティなどに向けた機能ですが、特筆すべきはその台数。なんと公称で「100台以上」と、まさに桁違い。また、同機能に対応した製品であれば、複数のモデルが混在しても使える点も特徴です。

さらにスマートフォンやタブレット用の無料アプリ「JBL Connect」を使うと、同時接続した2台の「JBL XTREME2」を左チャネル用と右チャネル用にそれぞれ設定し、ステレオ再生を楽しむこともできます。

この他にも、Bluetooth接続で音源となるデバイスを2台まで同時にペアリングして、交互に音楽を再生できる機能「ソーシャルモード」を搭載しています。



またもう一つの特徴が、内蔵バッテリーが10000mAhと大容量な点。この容量により、バッテリー駆動で連続約15時間のワイヤレス再生が可能です。さらに充電も高速で、付属するAC電源アダプタと電源ケーブルの使用では約3.5時間で完了します。

さらに電力供給専用のUSBポートを装備しているので、スマホやタブレットなどの充電も可能。ハンズフリー通話にも対応しているため、Bluetooth接続したスマホにかかってきた着信に対し、本機経由での通話切り替え可能です。





本体カラーはブラック、ブルー、グリーンの3色。そしてユニークなのが付属のショルダーストラップ。パーティなどで使用する際に便利な、ボトルオープナー(栓抜き)としても機能します。

このようにJBL XTREME2は、本体の大きさを活かした余裕あるサウンドと内蔵バッテリーによる長時間再生、さらにはJBLコネクトプラスによる連携再生など、パーティやアウトドア用途で便利に活用できる様々な機能を搭載したモデル。

Bluetoothスピーカーとしては比較的高価ではありますが、様々な場所で定評あるJBLサウンドを楽しめるという魅力は、とくにJBLに憧れを持つオーディオ好きにはアプローチするものでしょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

33シェア
5
28
0

Sponsored Contents