Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

Xbox One用『Fortnite』、11月14日からキーボードとマウスに正式対応

Xbox Oneでもヘッドショットしやすくなりそうです

Kiyoshi Tane
2018年11月12日, 午後07:00 in gaming
56シェア
4
52
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

マイクロソフトはメキシコで開催されたXboxユーザー向けイベント「X018」にて、11月14日(米現地時間)からXbox One用のゲームでキーボードとマウスがサポートされることを発表しました。

Xbox One初のキーボードとマウス対応のゲームとなるのは、おなじみ『Fortnite』と『Warframe』の2大タイトル。いずれも敵(主に頭)に狙いをつけるエイムでマウスが真価を発揮するオンラインシューティングであり、納得の顔ぶれです。

ほか、11月中にキーボードとマウスがサポートされる予定のタイトルは次の通りです。

  • Bomber Crew
  • Deep Rock Galactic
  • Strange Brigade
  • Vermintide 2
  • War Thunder
  • X-Morph Defense

さらに近日中に対応予定とされるタイトルは、以下のラインナップとなっています。
  • Children of Morta
  • DayZ
  • Minion Master
  • Moonlighter
  • Vigor
  • Warface
  • Wargroove

これまでヘッドショット(脳天を撃ち抜く)にこだわりあるユーザーは、俊敏かつ精密操作が可能なマウスが使用できるゲーミングPCに多額の投資をしてきましたが、そこまでの出費には踏み切れなかったXbox One所有のハードコアゲーマーには歓迎されそうな動きです。

なお、Xbox Oneのキーボード・マウス対応は今年9月に正式発表されており、すでに10月のinsiderプログラム参加者向けプレビューとして、特定のゲームで使えるようになっていました。

そしてキーボード・マウス対応については、マイクロソフトはプラットフォーム機能として用意はするが、それを各タイトルにて実装するか、どこまで対応するかは、それぞれのメーカーに委ねるというスタンスです。

全タイトル一律のデフォルト採用ではない理由は、同じXbox Oneユーザーでも周辺機器の有無により操作性に格差が付くことを嫌うユーザーを意識してのことかもしれません。

Razerとのパートナーシップで開発した「Designed for Xbox」のキーボードやマウスは、2019年1月9日開催の「CES 2018」にて発表を予定しているとのこと。オンラインでのあくなき勝利を求めるゲーマーにとっては、Xbox Oneは魅力的な選択肢となりそうです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Xbox Wire
56シェア
4
52
0

Sponsored Contents