Sponsored Contents

AIの最新記事

Image credit:
Save

首掛けAIで人手不足を解消、機器から作り込む音声AI設計サービス~オンキヨー×ドコモ

シーンに応じた聞き分けを強みとしています

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2018年12月18日, 午後01:30 in Ai
47シェア
12
35,"likes":15
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

オンキヨーは、音声AIを用途にあわせてカスタマイズする導入支援サービスを提供します。NTTドコモの日本語音声AI基盤を活用し、音声AIの特性にあわせた作り込みを強みとしています。18日の発表会では、首掛け型のウェアラブルデバイスによるデモンストレーションが披露されました。

オーディオ機器を手がけるメーカーとして知られるオンキヨーですが、今回披露された首掛け型のデバイスがそのまま販売されることはありません。接客や現場作業支援など、用途に応じて作り込み、業務の効率を改善するためのデバイスとして提供されます。

オンキヨーAI

「なんでもできる魔法のような技術だ」というイメージを抱かれることも多いAIですが、現時点の技術で使おうとすると、実際の用途にあわせた作り込みが必要になります。この"作り込み"の部分を、より安価で提供しようというのが、オンキヨーのサービスです。

背景にあるのは「人手不足社会」。労働人口の減少が進んだことで、人材採用は多くの企業が共通で抱える課題になりつつあります。オンキヨーで音声AI事業を担当する宮崎武雄氏は、音声AIを一部の業務を肩代わりすることで、人件費を削減したり、従業員をより効率的に活用できると、同社のソリューションのメリットを説明します。

その用途として、たとえば、デパートでは、デパートの売り場案内や商品の説明を、首掛け型スピーカーで置き換えることで、人件費を抑えながらも来店客への丁寧な案内を維持できます。ほかにも、外国人の雇用が進む外食産業では、厨房でレシピを説明するときに、音声翻訳を使うといった用途が想定されています。

オンキヨーAI

オンキヨーの強みは、AIが声を聴き取る「マイク」の技術。同社は、オーディオ機器メーカーとして、Google アシスタント、Alexa、SiriなどのAIアシスタント対応のオーディオ機器を提供しており、各AIのノイズ特性などに合わせて機器を作り込むノウハウがあるとしています。

今回のサービスは、デパートや病院、農場、調理場など、さまざまな場所での活用が見込まれますが、ノイズを消去してAIアシスタントが聞き取りやすい音声データを作成できるとしています。

オンキヨーAI

音声対話エンジンには、NTTドコモのAIエージェントサービスを利用します。同サービスは独自のAIアシスタントを作りたい企業向けの商用サービスで、2019年春より商用提供を開始予定。現在はトライアルとして、オンキヨーを含む数社に提供されています。APIとして提供され、外部サービスとの連携が容易な点も特徴としています。

オンキヨーAI

発表会では動作サンプルとして開発された首掛け型デバイスを利用して、デパート内の案内をするデモンストレーションが披露されました。昼食時にはレストランの情報を案内するといった利用事例が紹介されましたが、デモでは音声の認識に苦戦。「はい」という答えを3回繰り返して聞き取れないなど、「プロトタイプ」らしい未熟さが垣間見える一幕もありました。


ONKYO AI▲NTTドコモ クラウドソリューション担当の秋永和計氏(左端)と、オンキヨー B2B本部 AI IoT事業推進室長の宮崎武雄氏(右端)



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: ONKYO
47シェア
12
35,"likes":15
0

Sponsored Contents