Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

iPad Pro 11は漸くスタートラインに立った?完成度 :ベストバイ2018

最初からこれで出して欲しかったと言いたいレベルでiPad Proの不満点が解消されたモデル

Hirotaka Totsu
2018年12月30日, 午後03:00 in Apple
62シェア
11
51
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

昨年のベストバイのひとつにiPad Pro 10.5を挙げた筆者ですが、今年も、iPad Pro 11をベストバイにしたいと思います。当初は買い替える予定はなかったのですが、発表を受けて悩んだ結果、最終的に買い換える(買い増し)することにしました。

ベストバイiPad Pro 11

決め手としては、新しいApple Pencilでした。iPad Pro10.5とApple Pencilの組み合わせは使い勝手が悪く、例えばLightning端子にApple Pencilを挿して充電するスタイルにはついに慣れませんでした。充電切れのまま持ち歩くこともしばしば。

とうとう2本あるうちの1本が充電できなくなってしまったこともあり、どうせなら新型を試そうということになりました。(消耗品として購入したペン先が無駄にならないで済んだのは幸いでした)。

また昨年のベストバイレビューでの触れたように、たくさんの周辺機器を駆使することでとても使いやすくなった iPad Proですが、逆に言えば周辺機器で補わなければならない程度の完成度だったとも言えます。

ベストバイiPad Pro 11

今回の新 iPad Pro は12.9インチにするか、11インチにするか大いに悩みましたが、以前購入した12.9インチは、セルラーモデルだったにもかかわらずほとんど持ち出しませんでした。

前モデルの10.5インチは、キーボードケースを装着して厚みが増したにもかかわらずそれなりに持ち運んでいたので、今回も11インチにしました。価格の折り合いもあり、SIMフリーモデルではなくキャリアから購入(月々割適用)し、容量も256GBにしました。

Smart Keyboard Folioはやはり使い慣れない

ベストバイiPad Pro 11

そんなiPad Pro 11の使い心地ですが、Face ID対応になったことでベゼルが最小になり、バランスよい視界が得られました。また新しいボディ形状も持ち運びやすいと感じました。

一方、Apple PencilとSmart Keyboard Folioも合わせて購入したものの、Smart Keyboard Folioの使い心地はベストとは言い難いものでした。ケース(カバー)を兼ねており、カバーとしての機能には満足でしたが、キーボードしては大いに不満が残ります。

もちろんソフトウェアキーボードをタップするよりはマシではありますが、取材先でひたすらタイプするなどの大量の文章を打つには正直向きません。膝の上でタイプできるとも言われていましたが、iPadの重さで重量バランスが悪く、安定しません。

ベストバイiPad Pro 11

タイピングに関してだけいえば、筆者にとってはHHKB−BTが神ということになります。多少かさばりますが、大量の文章を打つとわかっている際はあえて持っていくだけの価値は十分にあります。iPad Pro自体も薄く、一回りコンパクトになったので、iPad Pro 10.5の時よりもHHKB−BTとの組み合わせで持ち運ぶことも増えました。

今回はSmart Keyboard Folioを買ってしまったので、HHKBなど外付けキーボードを持参しない際には、バックアップ用キーボードとして使っています。常にHHKBと一緒に持ち運ぶわけではないので、Smart Keyboard Folioを買ったことを後悔するまでには至っていません。

ベストバイiPad Pro 11

iPad Pro 11を手にした時に既視感があったのですが、初代iPadを久々に取り出してみて、雰囲気がよく似ていることに気づきました。iPad発表の時には大きな衝撃を受けたのですが、一周回って、ようやくiPadのあるべき姿になったのかなと思いました。

端子もUSB−Cなったことで、揃えたLightningのアダプター類が買い直しになってしまったのは、正直痛かったですが、幸い?なことにMacBookなどのPC周辺機器と共有できるので、それほど抵抗感はなくて済みました。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

62シェア
11
51
0

Sponsored Contents