Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

アップル、iPhone用「ポルノ・ギャンブルアプリ」の取締り強化。企業証明書使いApp Store迂回

Google、Facebookは氷山の一角だった模様

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年2月13日, 午前09:00 in Mobile
45シェア
0
45
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
アップルは先日、GoogleFacebookが社内アプリ開発のために提供される企業証明書を不正利用した個人情報収集アプリを一般ユーザーに配布していたことで、両社の証明書を無効化する措置を実施しました。しかし、ほかにも同じことを考え、企業証明書を悪用しているアプリがみつかりました。それはポルノやギャンブルに関連するアプリで、App Storeの審査にまず通らない類のものです。

TechCrunchによると、企業証明書を不正利用しApp Storeを迂回するアプリを提供しているウェブサイトはインターネット上にごまんと存在するとのこと。App Store以外からiPhoneにアプリをインストールするにはこれまで脱獄をする必要があるというのが常識でしたが、企業向けアプリを装うことで開発者は簡単にユーザーのiPhoneに非正規のアプリをインストールさせられるというわけです。

みつかったポルノアプリは、ユーザーに過激な内容の動画を視聴させ課金することが可能であり、ギャンブルアプリもユーザーが実際にお金の出し入れができるようになっています。通常(App Store配布)のアプリの場合は、当然こうした処理には制限がかけられます。

こうした非正規アプリの多くは発見を逃れるため架空の企業名や目立たない名称を用いて配布されており、なかには企業証明書を得るために無関係な実在の企業名を使っているものまでありました。

アップルは条件に違反するアプリをいくつか削除しており、まだまだ削除されるアプリは増えそうです。アップルは企業証明書を発行する際に、使用許諾条件として目的外での使用しないとの制約を企業や開発者に求めています。しかし、それを取り締まる具体的な仕組みは現在のところ用意されていません。

現状では、アップルはこうした不正アプリを見つけては潰すイタチごっこを続けるほかない様子であり、今後は企業向けアプリのライセンスを自動的にチェックするような仕組みの導入が必要かもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: TechCrunch
関連キーワード: app store, apple, apps, gambling, gear, internet, ios, Mobile, porn, services
45シェア
0
45
0
0

Sponsored Contents