Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:
Save

人気VR音ゲーBeat Saber、Oculus Questに発売日対応。ケーブルなしでフリースタイル斬撃

ロボリコールやスター・ウォーズ新作Vader Immortalもロンチ作品

Ittousai, @Ittousai_ej
2019年3月19日, 午後04:00 in vr
117シェア
6
111
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


人気の剣舞VR音楽ゲーム『Beat Saber』が、スタンドアロン型VRヘッドセット Oculus Quest の本体同時発売コンテンツに含まれることが分かりました。

Beat Saber(ビートセイバー)は2つのハンドコントローラを剣に見立て、音楽にあわせて飛来するブロックを斬る音楽ゲーム。

2018年にWindows MR / Oculus Rift / HTC Vive対応のPC VRゲームとして発売されて以来、6軸トラッキングのVRとコントローラでしか実現できない新しい音ゲー、ダンスゲームとして人気を博してきました。2018年末にはPS VRにも対応しています。



Oculusの新型VRヘッドセットOculus Questは、PC接続が不要なスタンドアロン型でありながら、ヘッドセットとハンドコントローラの6軸トラッキングに対応する製品。

すでに販売中のスタンドアロン型VRヘッドセット Oculus Goは、上下左右に見回したり首を傾げる回転の動きが認識できる3DOF(3軸自由度)トラッキングのみ対応で、360度動画の視聴など「観る」VRがメインの製品でした。

今春発売予定の新製品Oculus Questは本体内蔵のカメラを使うことで、外部にセンサやビーコン、カメラなどを設置する必要なく、両手のコントローラも含めた6軸ポジショントラッキングを実現します。



PCやPS4など本体とケーブル接続する必要がないスタンドアロン型のため、特にビートセイバーのような激しい動きのゲームには最適。

開発するBeat Gamesのマーケティング責任者Michaela Dvorak氏によれば「Oculus Questで遊ぶBeat Saberは全く別次元の体験」「追加のダンスムーブも簡単に繰り出せるし、ケーブルを気にする必要がない感覚は最高」。

Beat Saber


単体VRヘッドセット Oculus Quest発表。PCやスマホは不要、2019年春発売


Oculus Questのロンチラインナップとしては、このほかディズニー/ルーカスフィルムのXR部門 ILMxLABが手がける完全新作のスター・ウォーズものVader Immortal、PCやPS4で人気のジオラマ系おとぎの国アクションMoss、主観ロッククライミングThe Climb、そしてOculus Rift同梱だった俺ツエー系ロボ破壊アクション Robo Recallなどが発表済みです。

Oculus Questの発売日は、まもなく米国で始まるゲーム開発者カンファレンスGDCで発表される見込み。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

117シェア
6
111
0

Sponsored Contents