Sponsored Contents

transportationの最新記事

Image credit:
Save

テスラ車に赤信号警告機能が配信。信号無視をする前に警告

当たり前だけど、大切なこと

38シェア
4
34
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


米テスラは半自動運転機能「Autopilot」に、赤信号を検知してドライバーに警告する新機能を追加しました。

ソフトウェアアップデートにより新たに配信された今回の機能「Autosteer Stop Light Warning」では、赤信号を通過しようとすると警告が発せられます。具体的には、まず自動車のスピードと赤信号の位置関係から危険を感知。そしてビジュアルやオーディオによるシグナルを発し、ドライバーにスピードダウンを促すのです。

信号のシグナルの検知には、自動車のカメラからの光学的な情報だけでなく、マッピングデータも利用。どの交差点に信号機が存在しているのかの情報を活用します。なお、今後は交通信号や停止の標識を認識するように機能がアップデートされるとしています。

一方で、この機能がブレーキ操作に介入することはありません。あくまでも、車を停車させるのはドライバー自身ということになります。

Autosteer Stop Light Warningはアメリカ国内にて、2016年以降に製造された「フル自動運転機能(Full Self Driving)」機能を搭載した車両で利用できます。現時点ではすべての赤信号に反応するわけではないようですが、徐々に機能が改善される予定です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: The Verge
関連キーワード: autopilot, ElectricCar, Tesla, transportation
38シェア
4
34
0

Sponsored Contents