Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

4月1日のできごとは「ワンセグ放送 開始」「Xperia SO-01B 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年4月1日, 午前05:30 in today
33シェア
4
29,"likes":2
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

2006年:ケータイやカーナビなどでも地上デジタル放送を受信可能に「1セグメント放送」

today

「ワンセグ」の略称で呼ばれることの多い1セグメント放送。通常の地上デジタル放送は13セグメントを1つのチャンネルとして扱いますが、ハイビジョン放送で使われるのは12セグメント。残りの1セグメントを使った放送が、ワンセグとなります。このサービスが開始されたのが、2006年の今日です。画質は低いものの受信機器が小型化・省電力化しやすいことから、ケータイやカーナビ、スマホなどに搭載されるようになりました。

ここで問題となるのが、NHKとの契約です。基本的に受信可能な設備があれば視聴するかどうかに関わらず契約義務が生じるのですが、これがワンセグにも適用されるのかで議論がありました。しかし、最高裁まで上告された裁判により、受信料の契約義務があるとの判決が確定しました。iPhoneはともかくとして、日本国内のスマホの多くはワンセグ/フルセグチューナーが搭載されているため、たとえ視聴しなくても受信料を払わなくてはなりません。

ある意味、拒否権のない抱き合わせの強制契約オプションみたいなものですね。すべての機種にワンセグなしモデルを用意しない限り、公平性の面で問題があるのではないかと考えてしまいますが......。

2010年:ドコモがソニエリ初のAnrdoidスマホを発売「Xperia SO-01B」

today

海外ではXperia X10として登場したソニーエリクソン(当時)のAndroidスマホを、日本向けにしたものが「Xperia SO-01B」。このXperiaの発売と同時に、ドコモは独自のアプリサイトとして「ドコモマーケット」を開始するなど、かなり力を入れた出発となりました。ドコモはiPhoneを販売できずにスマホで後れを取っていましたから、待望の1台といえたのではないでしょうか。

スペックは、4インチ液晶(480×854ドット)に1GHzのSnapdragon、810万画素のカメラなど。本来マルチタッチに対応しておらず、ピンチなどの操作ができませんでしたが、後のアップデートで2本指まで対応するという、なかなかトリッキーな改良がなされています。ソフト面はソニーらしくかなり作りこまれており、メディアプレーヤー機能のMediascape、着信やSNSなどの履歴を一括管理するTimescape、強力な予測変換のPoBox Touchなどを備えていました。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

33シェア
4
29,"likes":2
0

Sponsored Contents