Sponsored Contents

cashlessの最新記事

Image credit:
Save

クレカをかざして地下鉄に乗れる「SimplyGo」、シンガポールで開始

旅先で現地の交通カードを作る必要がなくなります。

石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年4月7日, 午後03:30 in Cashless
652シェア
174
478
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

シンガポールで"クレジットカードでそのまま地下鉄に乗れる"ICカードシステムが登場しました。

シンガポール陸上交通庁が4月4日に運用を開始した「SimplyGo」は、非接触決済対応のクレジットカードを使って、そのまま地下鉄に乗れるサービス。専用の交通系ICカードを買う必要がなく、ただ改札でタッチするだけで乗車できます。Apple PayやGoogle Payもサポートし、スマートフォンに登録されたカードでも利用可能。支払いはクレジット/デビットカードの引き落としとなります。スマートフォンアプリを導入すれば、明細を確認することもできます。

当初はMastercardコンタクトレス対応のクレジットカードに対応、2019年後半にはVisaのタッチ決済(payWave)にも対応する予定です。両社はいずれもNFCと呼ばれる非接触決済の標準技術を利用したもので、国際ブランドのMastercardとVisaがそれぞれ提供しているサービスです。

日本で利用されているSuicaなどの交通系ICカードは、NFCの一種で高速な非接触決済に対応したFeliCa規格を採用しています。一方、海外では改札での決済スピードが求められない地域も多く、NFC決済の交通系ICカードは世界各国に存在します。
今回のSimplyGoは、その地域でしか使えないICカードをなくし、国際ブランドのクレジットカードシステムをそのまま使えるようにした点が新しいサービスと言えるでしょう。シンガポールメディアのThe Straits Timesは、Mastercardは今後ロンドンや台湾の高雄などで同様の運賃支払いシステムを提供する計画があると伝えています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

652シェア
174
478
0

Sponsored Contents