Sponsored Contents

gearの最新記事

Image credit:
Save

ギター・アンプで有名なマーシャルが、ポータブル・スピーカーの新機種を発表

最大モデルは80Wの大音量

Hirokazu Kusakabe
2019年5月9日, 午前07:50 in Gear
214シェア
33
181,"likes":273
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

大音量の楽器用アンプで有名なマーシャルから、新しいポータブル・スピーカーが発表されました。

ロンドンで楽器店を営むジム・マーシャルが初めて楽器用アンプを製作したのは1962年のこと。自身もミュージシャンだったジムは、リッチー・ブラックモア(ディープ・パープル/レインボー)やピート・タウンゼンド(ザ・フー)など、後に世界的成功を収める英国のギタリスト達と親交があり、彼らの求めに応じて次々と大出力の大型アンプを開発していきます。ステージに並べられたマーシャル製アンプの"壁"は、アリーナ会場で行われるハードロック・コンサートの象徴となり、米国製アンプとはひと味違うマーシャルの音は、今も多くのミュージシャンやロック・ファンに愛され続けています。

そんなマーシャルから一般的な音楽鑑賞用のヘッドフォンやスピーカーが発売されたのは2010年。白い筆記体のロゴや、グレーのサランネット、黒いビニールレザーにゴールドのパネルなど、マーシャル・アンプの特徴を持った製品が、自分では楽器を演奏しないという人にも愛用されるようになりました。

とはいえ、これらの製品が英国マーシャルの工場で、100Wのギターアンプと一緒に製造されているわけではありません。実際にはスウェーデンの音響機器メーカー、Zound Industries社が展開するブランドの1つとして、Marshall Headphonesという名前で製品づくりが行われているのです。アンプ・メーカーのMarshall Amplificationとは別の会社になりますが、単なる"ブランド名貸し"のライセンス製品ではなく、その音作りには両者が協力して取り組んでいるとのことです。



今回発表されたポータブル・スピーカーは、2018年から販売されている「KILBURN II」より大型と小型の製品で、小さいほうには「STOCKWELL II」、大きいほうには「TUFTON」という名前が付けられています。他のマーシャル・ブランドのスピーカーに比べると、いずれもデザインのレトロ調は抑え気味ですが、代わりにより頑丈な筐体は耐水性も備え、今まで以上に場所や環境を選ばず、マーシャル・サウンドが楽しめるようになりました。

Marshall Headphones
特に大型のTUFTONは、229mm x 163mm x 350mmという市販ポータブル・スピーカーとしては最大級のキャビネットの中に、ウーハー用の40Wアンプを1基、フルレンジ用の15Wアンプを2基、そしてツイーター用の10Wアンプを1基、合計4基80WのクラスDアンプと4つの各種スピーカーを搭載しています。重量は4.9kgということなので、重めのエレキベース1本分といったところでしょうか。IPX2の防滴性能も備えています。​​​内蔵リチウム・バッテリーは、20分間の充電で4時間、2.5時間でフル充電を完了させると、20時間以上も駆動できます。路上の1人ライブで、オケやマイクの音を鳴らす用途にもピッタリでしょう。

Marshall Headphones
KILBURN IIは243mm x 162mm x 140mmと横長で、重量2.5kg。1基のウーハー用20Wアンプと、2基のツイーター用8Wアンプを搭載しています。20分の充電で3時間、2.5時間のフル充電で20時間以上の音楽再生が可能です。こちらもIPX2の防滴仕様です。

Marshall
最もコンパクトなSTOCKWELL IIは180mm x 161mm x 70mm。重量も1.38kgと軽量です。こんなに小さくても、10Wアンプとウーハーを1基ずつ、そして5Wアンプとツイーターを2基ずつ搭載しています。しかも3機種の中で最も高いIPX4の防水性能を備えているので、多少の雨が降っても大丈夫。20時間以上の駆動が可能なフル充電には5時間かかりますが、20分ほど充電するだけで6時間も音楽が鳴らせます。

Marshall
3機種ともBluetooth 5.0を搭載し、スマートフォンやタブレットから無線で音楽ソースを流すことが可能。また、マルチ指向性のステレオ・サウンドにより、スピーカーの真正面だけでなく広い範囲で音楽に浸ることができます。コントロールは、いずれもボリューム、トレブル、ベースのみとシンプル。ギターのストラップを模したというハンドルが付き、KILBURN IIとSTOCKWELL IIはブラックとグレーの2色から選べます(TUFTONはブラックのみ)。



5月7日より世界各地で順次販売が開始される予定ですが、欧州における価格はTUFTONが399ユーロ(約4万9,000円)、KILBURN IIが299ユーロ(約3万7,000円)、STOCKWELL IIが249ユーロ(約3万700円)となっています。日本ではKILBURN IIが税別希望小売価格4万9,880円で販売中。実勢価格ではもう少し欧州との差が縮まることを期待したいものです。ちなみにマーシャルのロゴが入った製品は、今や楽器や音響機器のみならず、サングラスからビール冷蔵庫まで販売されていることをご存じでしょうか。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

214シェア
33
181,"likes":273
0

Sponsored Contents