Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

オープン据え置きゲーム機「Ouya」、関連サービスを6月28日に終了。以後はダウンロードしたゲームもプレイ不能に

華々しいデビューを飾るも不遇のゲーム機でした

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年5月23日, 午後06:00 in Gaming
163シェア
18
145
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


ゲーミングPC・周辺機器のRazerが、オープンな据え置きゲーム機として注目を集めた「OUYA」向けのサービスを2019年6月25日で終了すると発表しました。当日をもってOUYAのアカウントおよび関連サービスがすべて停止し、ユーザーはこれまでにダウンロードしたゲームもプレイできなくなります。

手元のコンソールを完全に無用のものとしてしまう今回の閉鎖は、850万ドルという最大級の大成功を収めた2012年のKickstarterプロジェクトに出資した人たちにとってまさに夢の終わり、それもバッドエンドといったところかもしれません。

OUYAコンソールの現物が手元に届いたとき、出資者の間ではその安っぽさとコントローラーの扱いにくさが話題に上がりました。肝心のゲームアプリも、本体ほどに注目されるキラータイトルはなかったように思われます。

それでもOUYAにはスクウェア・エニックスやバンダイナムコなどが参入を表明し『ファイナルファンタジーIII』がローンチタイトルとして販売されるなどしましたが、結局2013年の正式発売から2年後にOUYAはRazerに買収され、ハードウェア事業が消滅。RazerはOUYA本体の販売を終了し、Razerが展開するForge TVのサービスに統合しました。

Androidを採用し、スマートフォンやタブレットアプリ開発者の参入障壁は低かったはずのOUYAですが、発売の翌年、2014年にはAmazon Fire TVが、2015年には第4世代Apple TVが登場したことも、もしかすると衰退の要因になったかもしれません。

ちなみにOUYA向けの数少ないヒット作としては「TowerFall」が挙げられます。「TowerFall」は当初こそOUYA専用タイトルでしたが、後にPlayStation 4、Windows、PlayStation Vita、Xbox Oneに移植され、2018年にはNintendo Switch版も登場しています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

163シェア
18
145
0

Sponsored Contents