Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

テスラModel 3、日本でも受注開始。スタンダード レンジ プラス/パフォーマンスの2グレード

Autopilotオプションは62万円

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年5月31日, 午後05:20 in Transportation
66シェア
11
55
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

テスラが、セダンタイプのEV、Model 3の注文受付を日本でも開始しました。ほかに香港、ニュージーランドでも同様に注文を受け付け始めています。国内での価格はRWDの「スタンダードレンジ プラス」グレードが511万円、「パフォーマンス」グレードが655万2000円から。納車予定はスタンダードが2019年下旬、パフォーマンスは8月後半以降となっています。

ただしスタンダードはテスラの目玉機能であるAuropilotがオプションであり、これを装備するには62万円の追加費用が発生するため、最終的な価格は573万円に。またボディカラーも標準のソリッドブラック以外12万3000円~24万7000円の追加費用が必要です。さらに注文を決める場合は即日で30万円の支払いが必要となります。

一方、パフォーマンスの方はスタンダードに比べて最初からリアシートにもヒーターを装備していたり、オーディオが豪勢だったり、ナビにリアルタイム交通状況表示があったり、大きな中央コンソールでインターネットブラウザーが使えたりといったところが差別化ポイント。

オプションもスタンダードにあるものに加えて「パフォーマンスアップグレード」オプションも用意されており、20インチホイールやパフォーマンスブレーキ、ローダウンサスペンション、アルミ製ペダル、最高速度を233km/hから264km/hに変更、トラックモードを追加することができます。このオプションの価格は48万円。

パフォーマンスグレードですべてのオプションを装着し、ボディカラーを最も高価なレッドマルチコート塗装にした場合、つまり全部入りにした場合は、購入価格は789万9000円に膨れ上がります。

tesla

ただ、いずれのグレードを選ぶにせよ、Autopilotオプションだけは選択しておきたいところ。日本でのAutopilot機能の提供は「年内予定」となっており、その内容は「インターチェンジの走行や遅い車の追い越しを含む、高速道路乗り降りの自動運転、信号や一時停止標識を認識し従う、市街地での自動運転」と記されています。ということは高速道路だけでなく一般道でもその機能の恩恵にあずかれることになりそうです。

もちろんその際は、決して居眠りやよそ見をしたりせず、常にハンドルに手を置いていてください。海外ではAutopilot使用中の事故も起こっていることを念頭に、機能を過信しないようお願いします。あと、最高速度は200km/hを超えていますが、当たり前ながら公道では速度制限を守って走行してください。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

66シェア
11
55
0

Sponsored Contents