Sponsored Contents

wwdc19の最新記事

Image credit:
Save

#WWDC19 まとめ。新型「Mac Pro」や「iPadOS」、「iOS 13」など新トピックス盛りだくさん

新OS群は今秋リリース予定です

こばやしなおき(Naoki Kobayashi)
2019年6月4日, 午後12:05 in wwdc19
119シェア
44
75
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View
現地時間の6月3日、米国はサンノゼのMcEnery Convention Centerにて開幕したWorldwide Developers Conference 2019(WWDC19)。開発者向けの会議ということでハードウェアの発表こそMac Pro(と6Kディスプレイ)のみでしたが、ソフトウェアを中心に新しい話題が多数登場しました。

ここにきてiPhoneとは別扱いとなるiPad専用の新OS「iPadOS」だったり、パフォーマンスが大幅に向上すると謳われる「iOS 13」だったり、はたまたApple Watch専用App Storeが登場したり。

そんなわけでここでは、WWDC19の基調講演での発表をさっくりと......は(話題が多すぎて)いきませんがまとめてみました。ただ、待ち焦がれてる方も多いであろうiPhone SE2は発表されず。無念。ともあれ、これを読めば徹夜で中継を見ていなくともAppleの最新事情が丸わかりなはずですよ。

新Mac Proは5999ドルから、秋登場。内部は公約通り拡張性重視に

wwdc

アップルの開発者会議、WWDC 2019より。以前より予告されていた新型Mac Proがついに発表されました。出荷は2019年秋から、米国価格は5999ドルからです。

焦点となっていた本体デザインは、現行モデル一つ前に先祖返りしたかのような「取っ手付きタワー形状」に。CPUは最高で28コアのインテルXeonが搭載可能、RAMは最大1.5TB/6チャンネル接続、内蔵電源の出力値は最高1400Wなど、iMac Proを超えるヘビーな仕様となっています。(つづき)

新型「Mac Pro」、32型6K「Pro Display XDR」実機レポ

wwdc

WWDC 2019にて発表された新型「Mac Pro」がついに発表されました。発売は今秋で、米国価格は5999ドル(約64万円)からです。会場にいる本家EngadgetのDana WollmanやEngadget 日本版のACCNが新型「Mac Pro」の実機を撮影したのでその模様をお伝えします。(つづき)

アップル、32型6K・輝度1000ニトの「Pro Display XDR」発表。新Mac Proと共通デザイン

wwdc

アップルの開発者向けカンファレンスWWDC 2019より。アップルがMac Proに最適なRetina 6Kディスプレイ「Pro Display XDR」を発表しました。デザインは新Mac Proと統一されており、32インチサイズ、6016 x 3384解像度、P3色空間をサポートし、輝度は1000nit(最大1600nit)の高輝度に対応し100万:1のコントラスト比を表現します。(つづき)

新macOSは「Catalina」(カタリナ) iPadがサブ画面に、iTunes分割廃止

wwdc

アップルの開発者会議WWDC 2019より。新macOS「Catalina」(カタリナ)を発表しました。提供は今秋。本日よりベータ版を配布します。(つづき)

iTunesをこんまり──Appleが決断した3つの「進化と分割」(石川温)

wwdc

6月3日(現地時間)、アップルの世界開発者会議・WWDCが開幕。基調講演が行われた。2時間20分という長丁場で、tvOSからwatchOS、iOS、MacOS、さらにはMac Proの新製品を発表するなど、まさにメガ盛りな基調講演であった。(つづき)

MacアプリとiOSアプリを1つのコードから作成「Project Catalyst」〜Twitter for Mac復活

wwdc

アップルは開発者向け会議WWDC 2019にて単一のソースコードからMac/iPhone/iPadのアプリを生成できる「Project Catalyst」を発表しました。iPad向けアプリのソースコードを用いて、Mac版のアプリをビルドできます。Project Catalystは今秋より提供されるmacOS CatalinaとiOS 13にて提供開始されます。(つづき)

iPadをMacのサブ画面にするSidecar発表。Apple PencilでMacアプリに手描きも

wwdc

アップルの開発者カンファレンス WWDC19 で、うわさの公式 iPad サブディスプレイ化機能が正式に発表されました。

名称は「Sidecar」。macOSの新バージョン カタリナの新機能で、iPadを無線でMacの追加ディスプレイにできます。(つづき)

iOS 13はパフォーマンスが大幅向上。Face IDは30%、アプリ起動は2倍にスピードアップ

wwdc

アップルの開発者向け会議WWDC19にて、iPhone等向けの次期メジャーバージョンiOS 13が、ついに公式に発表されました。

iOSはバージョンアップのたびに、最新デバイスのみならず過去モデルも恩恵を受けられることが恒例です。壇上に立った同社のソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏も、iOS 13を「巨大な」リリースと述べつつ、パフォーマンスの向上を特に強調しています。(つづき)

iOS 13ダークモード発表。アプリ、絵文字、キーボードも漆黒表示

wwdc

アップルの開発者会議WWDC 2019より。アップルがiPhone、iPad、iPod touch向けの新OS、iOS 13ではダークモードをサポートすることを発表しました。カレンダー、iMessage、マップ、Apple Musicまでプリインストールアプリはひととおりダークモードをサポートし、漆黒の画面で操作が可能になります。(つづき)

iPad専用の新OS「iPadOS」が正式発表。「同じアプリを2つ並べる」が可能に

wwdc

アップルの開発者向け会議WWDC19にて、「iPadOS」が正式発表されました。イベント直前に現れた謎の文字列が、iPhone用のiOSとは独立したiPad専用のOSであると正式に確認されたことになります。(つづき)

iPad、ついにUSBメモリが挿せるように

wwdc

新たに発表されたiPadOSでは、iPadのファイル管理が改善されます。ついに、USBメモリが挿せるようになりました。(つづき)

watchOS 6単体でアプリ活用、独立性高まるスマートウォッチ(松村太郎)

wwdc

Appleが6月3日に開催した開発者向け会議「WWDC19」。この中で筆者が最も注目していたのは、「Apple Watch」向けの最新OS、「watchOS 6」でした。(つづき)

Apple Watch専用App Storeが登場、ボイスメモやサイクル計測も

wwdc

アップルはWWDC2019にてApple Watch専用のApp Storeを発表しました。これまでのApple WatchではiPhoneで購入したアプリのApple Watch版が動作する仕組みでしたが、watchOSの新バージョンではApple Watchアプリが独立して動作するようになり、ストア内からの購入に対応します。(つづき)

Apple TVがPS4 / Xbox One Sのコントローラに対応。Apple TVゲームがさらに身近に

wwdc

アップルの開発者イベントWWDC 2019より。Apple TV向けのOSであるtvOSが、Xbox One SコントローラーおよびPlayStation 4用Dual Shock 4コントローラーをサポートすることが発表されました。(つづき)

ARマイクラMinecraft Earthゲームプレイ初公開。WWDC19 でARKit 3のオクルージョン実演

wwdc

マイクロソフトが、AR版マイクラこと『Minecraft Earth』(マインクラフト アース)のゲームプレイを初めて公開しました。(つづき)

iPhone SE2は発表されず

wwdc

「MacBook Air」「iPad mini」「iPod Touch」など、懐かしのアップルハードウェアが最近相次いで復活を果したことから、注目を集めていた「iPhone SE」の復活。日本時間の未明に開幕したWWDC 2019で発表されたのは「Mac Pro」で、「iPhone SE2」ではありませんでした。(つづき)

#WWDC19 会場が超湧いた瞬間トップ5

wwdc

前日から興奮の続いているWWDC19会場より。先ほど初日の基調講演が終わり、数々の速報・続報がEngadget 日本版に上がっておりますので片っ端からご覧いただいても、気になるトピックだけご覧いただいてもと思います。

中にはライブストリーミングを徹夜でご覧になられた方もいらっしゃるかと思いますが(今日1日お仕事はどうされるのでしょう?)、来場者の大半がデベロッパーという現場の盛り上がりは、また格別なものがありました。私の肌感ではありますが、特に湧いた瞬間トップ5を。 (つづき)




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

119シェア
44
75
0

Sponsored Contents