Sponsored Contents

Gamingの最新記事

Image credit:
Save

『スーパーマリオメーカー2』将来的にフレンドとのオンラインマルチプレイ実装へ。手塚氏認める

ソフト発売後もスタッフの仕事は終わらず

Kiyoshi Tane
2019年6月12日, 午後03:30 in Gaming
78シェア
9
69
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View

6月28日発売の任天堂『スーパーマリオメーカー2』が世界ランキングの不正防止のためにオンラインマルチプレイを禁止する仕様とされていた件ですが、6月12日のNintendo Treehouse: Liveに出演した手塚卓志プロデューサーは、「いま実装しようとしているところです」と述べ、将来的に対応する意向であることを明かしました。

「スーパーマリオメーカー」シリーズの第1作は、2015年にWii U向けに、2016年に3DS向けに発売。おなじみスーパーマリオのコースを自らエディットして遊んだり、ネットに公開できるという「作って、遊ぶ」ゲームソフトです。

本作「スーパーマリオメーカー2」は今年の2月にNintendo Switch専用として初発表され、5月に詳細を交えた続報がネットで放送。が、その後に行われたプレスイベントで、フレンドと一緒に協力や対戦ができるのは1台のスイッチ上か、スイッチを持ち寄るワイヤレスプレイのみだと明かされています

つまりオンライン上で他人とのマルチプレイはできなくはないものの、サーバー側のマッチングでランダムに選ばれた見知らぬ人としかできないということ。これに対して世界中のファンから、少なからず不満の声が寄せられていました。


時期は未定ながら、今回の手塚氏の発言によりユーザーが落胆していた原因がひとつ取り除かれることになりそうです。6月28日の発売には間に合わないものの、アップデートで提供される日に備えるべく、ソフトは早めに購入しておくのが良さそうです。

パッケージソフトといえども発売された時点の仕様が最終的なものとならず、後から変更や追加ができるのがオンライン時代のいいところ。しかし、開発スタッフにとっては発売後も仕事が終わらないことを意味するわけで、かなりの負担かもしれません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

78シェア
9
69
0

Sponsored Contents