Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

6月22日のできごとは「VAIO Pro 11/13 発売」「GIGABEAT 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年6月22日, 午前05:30 in today
19シェア
5
14
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

6月22日のおもなできごと

2001年、三洋電機が動画デジカメ「DSC-MZ1」を発売
2002年、東芝がオーディオプレーヤー「GIGABEAT」(MEG50JS)を発売
2011年、ジャストシステムが「ATOK for Android」の正式版を発売
2013年、ソニーが「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」を発売
2018年、ソニーが「DSC-RX100M6」を発売

2013年:本気で使える軽量ウルトラブック「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」

today

UDカーボン採用により軽くて剛性の高いボディ、色鮮やかなトリルミナスディスプレイ for mobile、開くと本体の奥がせりあがってキーボードが打ちやすくなるデザイン、タッチパネル液晶モデルをラインナップと、実用性の高さをウリにしたモデルとして登場したのが、VAIO Proシリーズの「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」です。

スペックは共通部分が多く、CPUにCore i5-4200U、4GB メモリー、128GB SSD、11.6インチ/13.3インチ液晶(1920×1080ドット)など。重量はVAIO Pro 11でタッチパネルモデルが870g、タッチパネルなしが770g、VAIO Pro 13はタッチパネルモデルが1060gという、かなり軽量なノートPCでした。

性能が十分なうえに軽量というだけでも魅力的ですが、VAIO Pro 11で約11時間、VAIO Pro 13で約13時間という駆動時間の長さも魅力です。更にオプションでシートバッテリーを追加すると、駆動時間が約2倍になるというのが素晴らしいですね。

キーボードがたわみやすいという弱点がありましたが、それを差し引いでも魅力的なモバイルPCと言える仕上がりでした。ちなみにオプションのシートバッテリーを装着すると、キーボードのたわみが若干ですが改善されるというTipsもあります。

2002年:内蔵HDDを交換できるというユニークなオーディオプレーヤー「GIGABEAT」(MEG50JS)

today

通称「MP3プレーヤー」で多くのデジタルオーディオプレーヤーが登場した2000年前後。特に2001年末に登場したiPodは人気が高く、多くの音楽ファンが飛びつきました。そんなデジタルオーディオプレーヤー市場に東芝が送り出したのが、「GIGABEAT」(MEG50JS)です。

ストレージにフラッシュメモリーではなくHDDを採用する、というところまではiPodと同じですが、大きく違うのがこのHDDがPCカードという点です。容量がいっぱいになっても、別のHDDへと差し替えられるという点で優れていました。ただし、このPCカード型のHDDの入手が難しい(そして高価)という問題はありましたが。

また、USB接続ではストレージとして認識されるので、外付けHDDとして利用可能。さらに、中身のHDDだけをノートPCのPCカードスロットに挿しても使えるというのが面白いポイントです。とはいえ、どちらの場合でもオーディオプレーヤー部へのアクセスは不可。音楽ファイルの転送には専用ソフトの使用が必須で、業界とのしがらみで使い勝手が悪くなってしまっているのが残念でした。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

19シェア
5
14
0

Sponsored Contents