Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

誘導なしの航空機自動着陸に初めて成功。可視光/赤外線カメラとGPSでコンピューターが操縦

左手は添えるだけ

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年7月8日, 午後12:45 in Transportation
149シェア
52
97
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ミュンヘン工科大学がドイツ連邦政府の支援を受けて進めるプロジェクト「C2Land」が、飛行機単体での自動操縦による着陸に成功しました。

一般に航空機には自動操縦のしくみがあり、着陸操作でさえも、空港に設置されている計器着陸装置(ILS)によって、微調整だけでほぼ自動的に降下、着陸が可能です。しかし、ミュンヘン工科大学の実験では、地上からの誘導電波などを使わず、ブラウンシュヴァイク工科大学の協力で開発したコンピュータービジョンとGPSを組み合わせた自律的な自動着陸システムを使用しました。

このシステムは、GPSナビゲートで正確な位置を把握しつつ、可視光だけでなく赤外線カメラからの映像をコンピューター分析して、雨や霧がかかった視界でも滑走路を特定します。そして、滑走路への進入路と角度を計算し、自律的に着陸までを行います。



プロジェクトは軽飛行機ダイヤモンドDA42に自動着陸システムを搭載しました。この飛行機はフライバイワイヤーシステムを備え、あらゆる操縦の自動化に対応します。そして5月下旬に行った試験では、パイロットが手を加えることなく滑走路のセンターライン上に着陸できる精度を発揮しました。

搭乗していたテストパイロットのThomas Wimmer氏は「カメラは空港から遠く離れた位置でも滑走路を認識しており、システムは完全自動で着陸アプローチを通過、滑走路に正確に降り立った」と実験後に述べています。

もちろんまだこの技術は研究段階ではあるものの、このまま熟成されてゆけばILSが設置されていない空港を含め、事実上世界のあらゆる空港での自動着陸が可能になるはず。将来の飛行機は、パイロットの主な仕事は離陸だけで、あとはほぼハンズフリーで済むようになるのかもしれません。

ちなみに、航空機のパイロットは自動操縦の間も、管制との交信や位置の把握、航路上の天候状況分析や危険の回避など安全航行に必要な処理をこなしています。決してコクピットでポカンとしているわけではありません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

149シェア
52
97
0

Sponsored Contents