Sponsored Contents

todayの最新記事

Image credit:
Save

7月10日のできごとは「docomo PRO series HT-03A 発売」「mova P506iC 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2019年7月10日, 午前05:30 in today
25シェア
0
25
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View

7月10日のおもなできごと

1997年、カシオ計算機が「CASSIOPEIA A-50」などを発売
2004年、ドコモが初のおサイフケータイ対応端末「P506iC」を発売
2007年、ソニーが「HDR-CX7」を発売
2009年、ドコモが「docomo PRO series HT-03A」を発売

2009年:ドコモ初のAndorid搭載スマートフォン「docomo PRO series HT-03A」

today

ソフトバンクがiPhone 3G、そして続くiPhone 3GSの発売でスマートフォンのシェアを伸ばしている中、ドコモが待望の対抗機となるAndroid搭載スマートフォン「docomo PRO series HT-03A」を発売したのが、2009年の今日です。

いわゆるスマートフォンに分類されるようなものはBlackBerryやWindows Mobileなどもありましたが、iPhoneのように指先で操作するというより、キーボードやペンでツツいて操作するのがメインというものでした。

これに対してAndroidは、基本的に指先で操作できるという点でiPhoneに類似。対抗として期待されましたが......微妙にもっさりした動作、アプリが少ない(これはしょうがないですが)、動作が不安定と、初期にありがちなトラブルで苦労した人も多そうです。といってもHT-03Aに飛びつくような人ですから、そこはむしろ工夫のしがいがあるということで、ご褒美だったかもしれません。

ちなみに当時の「主なサービス・機能」を見ると、ケータイに搭載されているのが当たり前でも、HT-03Aでは使えない機能が大量です。というか、通信とGPSしかないですねコレ。

2004年:モバイルFeliCaを搭載した初のおサイフケータイ対応モデル「P506iC」

today
ケータイから電子マネーが扱える「おサイフケータイ」機能に対応した初めてのモデルが「P506iC」でした。リーダーにかざすだけで決済できるという手軽さが魅力ですが、使えるのが当初はEdyのみでお店も限られていたため、それほど便利ではありませんでした。

しかし、翌年2005年の4月になると「QUICPayモバイル」、そして12月に「iD」が始まり徐々に浸透。そして2006年の1月に「モバイルSuica」が始まると、急激に利用者が増えた......という印象があります。最近はスマートフォンのQRコード決済が何かと話題となり、電子マネーが注目されていますが、そもそも15年も前からやってるわけで、何をいまさらという気がしなくもないです。

ちなみに、P506iCはモバイルSuica非対応というオチがあります。おサイフケータイ初対応ですし、1年半ほど後のサービスに対応できないというのは、仕方ないですけどね。

さて、話をケータイ本体に戻すと、P506iCはドコモ初のストロボ搭載モデルでもあります。カメラ搭載が当たり前になるとどんなシーンでも撮影したくなるわけで、とりわけ暗所でも撮影できるストロボは画期的でした。このストロボも弱い光のLEDではなく、コンデジなどに搭載されてるキセノン管だという点にこだわりを感じます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

25シェア
0
25
0
0

Sponsored Contents